クロモ

Scientific Name / Papenfussiella kuromo (Yendo) Inagaki,1958

クロモの形態写真

高さ60cm前後になる。小さな板状の付着器から1〜数本の茎が伸びる。主茎がありそこからよく分枝する。藻体の表面に産毛状のものがあり、触るとぬるぬるする。円柱状で無数の枝が出る。枝からは枝は生じない。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。
クロモの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
高さ60cm前後になる。小さな板状の付着器から1〜数本の茎が伸びる。主茎がありそこからよく分枝する。藻体の表面に産毛状のものがあり、触るとぬるぬるする。円柱状で無数の枝が出る。枝からは枝は生じない。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。高さ60cm前後になる。小さな板状の付着器から1〜数本の茎が伸びる。主茎がありそこからよく分枝する。藻体の表面に産毛状のものがあり、触るとぬるぬるする。円柱状で無数の枝が出る。枝からは枝は生じない。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。表面には黒くて非常に細い毛が無数に出る。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科クロモ属
    外国名
    学名
    Papenfussiella kuromo (Yendo) Inagaki,1958
    漢字・学名由来
    漢字 黒藻
    由来・語源 色合いから。タイプ産地は三重県菅島
    地方名・市場名 [?]
    モズク
    参考スーパー 場所新潟県小千谷市 
    ドロ ドロモズク
    参考伊井浩太さん 場所新潟県糸魚川市浦本・親不知 
    ズル
    場所新潟県糸魚川市浦本 
    生息域
    海水生。北海道南部、本州、瀬戸内海、四国、九州。朝鮮半島。
    低潮線付近、タイドプールの岩上や他の海藻上。
    生態
    基本情報
    北海道から九州までの浅場に生育する。日本各地で食用となっている可能性が高い。
    新潟県、石川県では春から初夏にかけて出回るもの。
    湯にくぐらせて、酢の物、汁などにいれる。海藻らしい風味があり、食感も楽しめる。非常においしい海藻である。
    水産基本情報
    市場での評価 新潟県・石川県産が少ないながら流通している。やや高値。また岩手県産などで塩蔵品もある。
    漁法 採取
    産地 岩手県、新潟県、石川県
    選び方
    塩漬を購入したので、まだ詳しくはわからない。
    味わい
    旬は春〜初夏。
    モズクなどと比べると太く、表面に小さな毛が生えている。自然状態で非常にぬるぬるとしてねばる。
    熱を通すと緑色になるがねばりは取れない。
    歯触りがよく海藻らしい風味も楽しめる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    クロモの料理法・調理法・食べ方/湯通し(サラダ、酢の物など)、汁(すまし汁、みそ汁)

    クロモの湯通し 生では黒っぽい色合いが熱を通すと緑に変わる。ナガマツモ科のなかでは円柱形で太くいので食感がとてもいい。その上、かき混ぜるとねばり、うま味、海藻の風味も楽しめる。食感もいい。モズク類のなかではもっとも味がいいと思う。塩蔵品はあまりねばらない。


    クロモの湯通し ゆでたものを適当に切り、器などに入れてかき混ぜるとねばりが出てくる。ねばりを出した方がおいしい。この状態でポン酢や柑橘類としょうゆで食べる。
    クロモの湯通しのやり方 1
    生の藻体はそのままゆでると表面のどろっとした部分が気になる。まずは塩で揉み、出て来たぬめりを一度洗い流す。
    クロモの湯通しのやり方 2
    塩でもんだものを湯通しする。モズクのように鮮やかな緑にはならない。
    クロモの吸い物クロモの吸いもの 湯通しして吸い物、みそ汁などにいれて美味。なんといっても麺を思わせる食感と海藻のうま味、口に入れてからの風味がいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊井浩太さん(伝兵水産 新潟県糸魚川市)、海清丸(新潟県糸魚川市浦本)
    『新日本海藻誌 日本産海藻総覧』(吉田忠生 内田老鶴圃 1998)、『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「クロモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ