フタスジナマコ(Two-ribboned sea cucumber)

Scientific Name / Bohadschia bivittata  (Mitsukuri, 1912)  

フタスジナマコの形態写真

全長30cm前後になる。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    棘皮動物門有棘動物亜門ナマコ綱ナマコ目(楯手目)クロナマコ科ジャノメナマコ属
    外国名
    Two-ribboned sea cucumber
    学名
    Bohadschia bivittata  (Mitsukuri, 1912)  
    漢字・学名由来
    漢字/二筋海鼠
    由来・語源/体にある2つの太い褐色の帯から。
    地方名・市場名 [?]
    シキラー
    備考漁師さん達の呼び名。 参考河村雄太さん 場所沖縄県 
    ソーメン
    参考河村雄太さん 場所沖縄県石垣島 
    生息域
    海水生。サンゴ礁の浅い砂地。
    生態
    キュビエ器官を吐く。
    基本情報
    海参に加工する。沖縄県では輸出用に採取している。
    「海参(いりこ)」としてはそれほど高くはない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/崎原さしみ店(石垣市)
    『ナマコガイドブック』(本川達雄、今岡亨、楚山いさむ 阪急コミュニケーショズ)
  • 主食材として「フタスジナマコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ