イシナマコ

Scientific Name / Holothuria (Microthele) nobilis (Selenka, 1867)

イシナマコの形態写真

体長30-40cm前後になる。腹面は平ら。体が非常に硬く、表面にたくさん砂をつけている。またたくさんの小さな疣が点在する。これは体色の黒いもの。白いものもある。
イシナマコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長30-40cm前後になる。腹面は平ら。体が非常に硬く、表面にたくさん砂をつけている。またたくさんの小さな疣が点在する。これは体色の黒いもの。白いものもある。体長30-40cm前後になる。腹面は平ら。体が非常に硬く、表面にたくさん砂をつけている。またたくさんの小さな疣が点在する。これは体色の黒いもの。白いものもある。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    棘皮動物門有棘動物亜門ナマコ綱ナマコ目(楯手目)クロナマコ科イシナマコ属
    外国名
    学名
    Holothuria (Microthele) nobilis (Selenka, 1867)
    漢字・学名由来
    漢字/石海鼠
    由来・語源/漁獲すると石のように硬くなるためか。別名「垂乳根海鼠(タラチネナマコ)」。
    地方名・市場名 [?]
    シキラー
    備考漁師さんたちの呼び名。 参考河村雄太さん 場所沖縄県 
    イシ シロイシ
    備考黒っぽい固体。 参考河村雄太さん 場所沖縄県石垣島 
    生息域
    海水生。サンゴ礁の間の砂地。
    沖縄諸島以南。
    西太平洋の熱帯・亜熱帯域。
    生態
    基本情報
    沖縄県で輸出用として採取されている。
    干しナマコとしての名は黒い個体のものを「烏石参」、白い個体を「猪婆参」。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(石垣島)
    『ナマコガイドブック』(本川達雄、今岡亨、楚山いさむ 阪急コミュニケーショズ)
  • 主食材として「イシナマコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ