ハマフグ(Smallspine Turretfish)

Scientific Name / Tetrosomus reipublicae (Ogilby, 1913)

ハマフグの形態写真

25cm SL 前後になる。断面は腹部を底辺とした三角形。背隆起の棘は2、眼上棘2。[成魚]
ハマフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
25cm SL 前後になる。断面は腹部を底辺とした三角形。背隆起の棘は2、眼上棘2。[成魚]25cm SL 前後になる。断面は腹部を底辺とした三角形。背隆起の棘は2、眼上棘2。[成魚]25cm SL 前後になる。断面は腹部を底辺とした三角形。背隆起の棘は2、眼上棘2。[稚魚]25cm SL 前後になる。断面は腹部を底辺とした三角形。背隆起の棘は2、眼上棘2。[稚魚]25cm SL 前後になる。断面は腹部を底辺とした三角形。背隆起の棘は2、眼上棘2。[稚魚]
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    🤚

    食用不可

    🤚

    食用不可
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハコフグ科ラクダハコフグ属
    外国名
    Smallspine Turretfish
    学名
    Tetrosomus reipublicae (Ogilby, 1913)
    漢字・学名由来
    漢字 浜河豚、濱河豚
    由来・語源 不明
    Ogilby
     James Douglas Ogilby(1853-1925 アイルランド生まれ)。魚類学者。オーストラリアにて魚類研究をして重要な発見を数多くする。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。浅海の岩礁から砂地への移行帯に生息。水深30-180m。
    北海道釧路〜大隅半島の太平洋沿岸(東北以北には少ない)、山口県日本海沿岸、長崎県〜薩摩半島の九州西岸・沖縄舟状海盆。
    済州島、台湾、中国厦門・広東省、インド-西太平洋(アフリカ東岸〜ニュージーランド東部・オーストラリア東岸)。
    生態
    基本情報
    比較的珍しい魚のひとつ。フグ目の魚で毒性などもわからないために食用不可。
    水産基本情報
    食用魚ではない。
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/二宮定置(神奈川県二宮町)、山崎哲也さん(神奈川県)、岩田昭人さん(三重県尾鷲市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ハマフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ