コンゴウフグ(Longhorn cowfish)

Scientific Name / Lactoria cornuta (Linnaeus, 1758)

コンゴウフグの形態写真

30cm SL 前後になる。体の段名は四角形。著しく長い目の上の眼上棘と、後方に向かう腹側隆起棘がある。
コンゴウフグの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
30cm SL 前後になる。体の段名は四角形。著しく長い目の上の眼上棘と、後方に向かう腹側隆起棘がある。30cm SL 前後になる。体の段名は四角形。著しく長い目の上の眼上棘と、後方に向かう腹側隆起棘がある。30cm SL 前後になる。体の段名は四角形。著しく長い目の上の眼上棘と、後方に向かう腹側隆起棘がある。30cm SL 前後になる。体の段名は四角形。著しく長い目の上の眼上棘と、後方に向かう腹側隆起棘がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      🤚
      食用不可

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハコフグ科コンゴウフグ属

    外国名

    Longhorn cowfish

    学名

    Lactoria cornuta (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字 金剛河豚 Kongoufugu
    由来・語源 古くはコンガウフグ。数種のハコフグ類の呼び名を当てはめたもの。密教の法具の金剛杵に似ているため。もしくは金剛(ダイヤモンド)のように硬い体であるから。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    コゴウオ
    場所和歌山 参考文献 
    ウミスズメ
    場所神奈川県三崎 参考文献 
    ハコフグ
    場所長崎県大村湾 参考文献 
    マックワバク
    場所沖縄 参考『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972) 

    生息域

    海水魚。内湾の浅い場所に生息。
    幼魚・若魚が多い/青森県〜紀伊半島。
    幼魚/兵庫県姫路。
    紀伊半島〜種子島の太平洋沿岸、新潟県〜長崎県の日本海沿岸、屋久島、琉球列島。
    朝鮮半島南岸・済州島、山東省(幼魚)、台湾、中国浙江省・福建省・広東省・海南島、インド-太平洋。

    生態

    基本情報

    本種はパリトキシンを有する魚のひとつとされている。
    非常に強い毒性を持っている可能性があるため食用不可とした。
    ハコフグ科の毒性に関してはより詳細な研究をのぞむ。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/岩田昭人さん(三重県尾鷲市)、伊東正英さん(南さつま市笠沙)、河村雄太さん(沖縄県)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「コンゴウフグ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ