ウミスズメ(Roundbelly cowfish)

Scientific Name / Lactoria diaphana (Bloch and Schneider, 1801)

ウミスズメの形態写真

体長20センチ前後になる。箱形で後方にかけて細くなる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目ハコフグ科コンゴウフグ属

    外国名

    Roundbelly cowfish

    学名

    Lactoria diaphana (Bloch and Schneider, 1801)

    漢字・学名由来

    漢字 海雀
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。形がスズメに似ているからではないか?
    Bloch
    Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。茨城県以南。〜インド・西太平洋域。
    浅い海域。

    生態

    基本情報

    ハコフグとして流通することがある。
    一般的な食用魚とはいえない。

    水産基本情報

    市場での評価 ハコフグと混同して流通する。安い。
    漁法 定置網
    産地

    選び方

    味わい

    旬は不明。
    鱗が亀の甲羅のように硬く、比較的柔らかい腹部に孔を開けて食べる。
    筋肉は薄く少なく、透明感があり、やや柔らかい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 みそ焼き、刺身
    みそ焼き◆五島列島などでの名物。腹に孔をあけ、合わせみそを加えて焼いたもの。
    刺身◆淡泊でクセのない味わい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります■相模湾や駿河湾の定置網でよく水揚げされるハコフグである。最近は五島列島の郷土料理「みそ焼き」が関東の飲食店でも出されるようになってきた。それでハコフグはときに持ってこられるが、その半分ほどが本種なのである。20センチ近くなるとハコフグと分けないで売られる。本種は黒潮と共に北上してくるようで、本来は暖海の魚である。ハコフグはウロコが変型した六角形の甲板で体を覆い、まるで箱根細工の箱のようである。

    ■大きくても刺身にできるのは少しだけである。腹側から窓を開けるように包丁をいれて、箱にへばりついた身を剥がす。身は透明で柔らかいが甘味が強くて旨い。またみそ焼きは腹側に開けた窓から内臓を出し、キモを取り分けて、みそとたたき合わせ、箱に詰め込ん上火で焼く。キモみそと身を混ぜ合わせながら食べる。

    参考文献・協力

    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ウミスズメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ