ガンコ(Dasycottus setiger)

Scientific Name / Dasycottus setiger Bean, 1890

ガンコの形態写真

35cm SL 前後になる。背鰭は2基で目の後ろ後頭部に無数の硬くて太い棘がある。頭部が大きくやや縦扁(上下に平たい)する。皮膚は緩くブルブルしている。
ガンコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
35cm SL 前後になる。背鰭は2基で目の後ろ後頭部に無数の硬くて太い棘がある。頭部が大きくやや縦扁(上下に平たい)する。皮膚は緩くブルブルしている。35cm SL 前後になる。背鰭は2基で目の後ろ後頭部に無数の硬くて太い棘がある。頭部が大きくやや縦扁(上下に平たい)する。皮膚は緩くブルブルしている。35cm SL 前後になる。背鰭は2基で目の後ろ後頭部に無数の硬くて太い棘がある。頭部が大きくやや縦扁(上下に平たい)する。皮膚は緩くブルブルしている。35cm SL 前後になる。背鰭は2基で目の後ろ後頭部に無数の硬くて太い棘がある。頭部が大きくやや縦扁(上下に平たい)する。皮膚は緩くブルブルしている。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目ウラナイカジカ科ガンコ属

    外国名

    Dasycottus setiger

    学名

    Dasycottus setiger Bean, 1890

    漢字・学名由来

    漢字 頑固 Ganko
    由来・語源 富山県での呼び名。顔つきが怒ったオヤジに似ているためではないか? すなわち頑固親父の意?

    地方名・市場名

    アンコカジカ アンコウカジカ
    場所北海道幌別・室蘭 参考文献 
    ガンコ
    場所新潟県糸魚川市親不知 参考松澤周一さん(新潟県糸魚川市) 
    ハナタラシ
    場所山形県酒田市由良漁港 
    ハナタラシカジカ
    場所山形県鶴岡市鼠ヶ関 
    カエルカジカ
    場所富山県魚津・滑川 参考文献 

    生息域

    海水魚。水深15-850m。
    北海道全沿岸、青森県〜島根県浜田の日本海沿岸、青森県〜千葉県銚子の太平洋沿岸。
    朝鮮半島東岸〜中部以北間宮海峡、オホーツク海北部、千島列島〜北アメリカワシントン州。

    生態

    基本情報

    北日本の底曳き網などで、少ないながら水揚げされる魚。
    基本的に日本海周辺や東北・北海道の魚で、あまり全国的な流通にはのならないもので、知名度はとても低い。また韓国でも食用となっている。
    産地などでも、比較的認知度は低いが食用として流通している。
    要するに食べ方はアンコウと同じだ。味わい深いだしが出るので、汁と皮、筋肉、内臓をそのまますべて堪能する。捨てる部分は非常に少ない。

    水産基本情報

    市場での評価 関東にはほとんど来ない。一定の評価はない。
    漁法 底曳き網
    産地 鳥取県、福島県ほか

    選び方

    触って張りのあるもの。退色して白いものは古い。

    味わい

    旬は秋から冬。
    鱗がなく、水分が多い。皮は柔らかく厚みがある。
    白身ではあるが、全体がゼラチンを思わせ、熱を通すとほんの少ししまり、弾力が増す。
    いいだしがでる。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ガンコの料理法・レシピ・食べ方/汁(みそ汁、スープ)、煮る(煮つけ、鍋)、揚げる(唐揚げ)

    ガンコの韓国風スープ 本種のウラナイカジカ類すべてに言えることだが、筋肉を食べるのではなく、にじみ出るだしとぶよんぶよんの身とも皮ともわからない物体を楽しむのだと思う。要するにアンコウ類と同じだ。水洗いして適当に切り、湯通しする。鍋にだし(煮干しだしがいい)をわかし、ぶつ切りを加えてうま味が出るまで煮る。好みの野菜を加え、塩で味つけ、唐辛子で辛味を+する。実に深みのある滋味豊かな味のスープになる。ご飯にかけながら食べてもうまい。

    ガンコの煮つけ 産地でももっとも基本的な料理法だと思う。水洗いして肝や胃袋は取り分けておく。適当に切り、湯通しして冷水に落とし、水分をよくきる。これを酒・醤油・水で煮る。身と皮をしゃぶり取りながら食べるといった感じだが、意外に食べ飽きない味だ。
    ガンコの唐揚げ 身質はアンコウに近い。水分が多いものの繊維質に富む。また骨は柔らかい。適当に切り、片栗粉をまぶして二度揚げする。表面が香ばしく、中はほんのり豊潤で柔らかい。食感も面白く柔らかな身も捨てがたい味わいだ。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/恵比寿丸 松澤周一さん(新潟県糸魚川市) 浜勝商店 十九百さん(鳥取県岩美郡岩美町)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ガンコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ