ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アンコウ(Goosefish)

Scientific Name / Lophiomus setigerus (Vahl, 1797)

代表的な呼び名アンコウ

アンコウの形態写真

体長1m前後になる。全体に褐色で頭が大きく、皮はぶよぶよしている。外見上キアンコウは上から見ると比較的楽器琵琶(びわ)形に見え、本種は楽器バンジョーに近い。口腔内に白い斑紋があり。上膊骨(じょうはくこつ)は先端がいくつかに分かれる。
アンコウの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長1m前後になる。全体に褐色で頭が大きく、皮はぶよぶよしている。外見上キアンコウは上から見ると比較的楽器琵琶(びわ)形に見え、本種は楽器バンジョーに近い。口腔内に白い斑紋があり。上膊骨(じょうはくこつ)は先端がいくつかに分かれる。口腔内に白い斑紋があり。鰓孔は胸鰭後方には開いているが基部(前方)には達しない(開かない)。上膊骨(じょうはくこつ)は先端がいくつかに分かれる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正骨下区側棘上目アンコウ目アンコウ科アンコウ属
    外国名
    Goosefish
    学名
    Lophiomus setigerus (Vahl, 1797)
    漢字・学名由来
    漢字 鮟鱇
    由来・語源 「暗愚魚(あんぐうお)」の意味。「暗愚」とはのろまで愚か者の意味。見た目のぶよぶよして、太っていることからきたもの。「あんぐうお」が「あんこう」に転化。
    地方名・市場名
    キアンコウをホンアンコウ(本あんこう)、本種をクツアンコウといって区別する。
    アゴ、アゴウオ、アファー、アンコ、アンゴ、アンゴウ、アンコモチ、エドアンコウ、クツアンコオ、ハタアンコウ、ミズアンコウ、ミヅアンコウ。
    生息域
    海水魚。水深30メートル〜510メートル。
    北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海、北海道噴火湾〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、東シナ海大陸棚域。
    朝鮮半島全沿岸、済州島、中国(長江沖を除く)東シナ海・南シナ海、台湾、希にピーター大帝湾、インド-西太平洋。
    生態
    産卵期は4月〜6月。
    基本情報
    料理・市場では「くつあんこう」と呼ばれている。一般的に「あんこう」とはキアンコウのこと。キアンコウは「本あんこう」で本種よりも高い。水揚げ量もキアンコウよりも圧倒的に少ない。
    外見は一般に鮟鱇として人気のあるキアンコウと変わらない。やや小さく、色合いが灰色がかっている。口を開けて白い斑紋をみるのが見分けるコツ。
    水産基本情報
    市場での評価 キアンコウと比べて入荷量は少ない。値段は小振りが多いので安い。書物などでもアンコウとキアンコウを逆転して記載していることがある。これは要注意。アンコウの入荷量は少なく、まるのままではあまり市場で見かけない。また関東の市場でも本種を「くつあんこう」と区別できる仲買も少ないように思える。
    漁法 底曳網
    主な産地
    選び方
    触って張りのあるもの。粘液が大量に出て白濁したものは古い。
    味わい
    旬は冬
    鱗はなく、歯以外はすべて料理に使える。肝や胃袋なども美味。
    柳肉(上身)よりも皮、肝などの内臓の方が味がいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    汁(しょうゆ仕立て、みそ仕立て、みそ汁、すまし汁)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
    アンコウ鍋関東風
    しょうゆ仕立てアンコウ鍋 歯の部分のみ取り除き、皮を剥き、内臓を分けて適宜に切る。これを湯引きし、冷水に落としてぬめりなどを流す。水分をよくきり、少量のカツオ節だし、水、酒、しょうゆ、塩の汁で煮ながら食べる。基本的に肝も胃袋なども含めて「本あんこう(キアンコウ)」と同じ味わいでとても美味。

    アンコウ鍋みそ仕立てアンコウ鍋 歯の部分を切り取り、皮を剥き、内臓を取り分ける。湯通しして冷水に落としてぬめりを流して、よく水分を切っておく。白みそと赤みそを合わせて昆布だしでねる。これを鍋に入れて、野菜とともにアンコウを煮ながら食べる。鍋のあと残った煮汁で食べるご飯は最高!
    アンコウ煮<アンコウ煮 歯を切り落として皮を剥き、肝などを分けておく。適宜に切り、湯通しして氷水などに落としてぬめりを流す。水分をよくきり、酒、しょうゆ、砂糖の味付けで煮る。臭い消しはしょうが、八角、山椒などお好みで。あっさり塩味で煮てもうまい。
    アンコウの煮凝りアンコウの煮凝り 煮つけを冷やすと煮こごる。ここでは甘辛くにて、冷ます。骨を取り除き、胃袋などは細切りにする。これを流し缶に入れて冷蔵庫で冷やす。からしをそえて出す。とても日本酒に合う。
    アンコウのソテーアンコウのソテー 柳肉は適宜に切り塩コショウして小麦粉をまぶす。トマト、玉ねぎ、マシュルームなどは適宜に切る。パンにたっぷりのオリーブオイルを入れてアンコウをソテーする。焦げ目がついたら野菜を加えて、少しソテー。白ワイン、バターを加えて、今度は天日で焼く。パンの底にたまった汁をアンコウや野菜に絡めながら食べる。
    アンコウのタイ風スープアンコウのタイ風スープ 柳肉を適宜に切る。ゆどうしして冷水に落としてぬめりを流す。水分をよく切っておく。鍋に水、ナンプラー、コブミカンの葉、唐辛子を加えてアンコウを煮る。煮えたらライムジュースを加えてシャンツァイを飾る。柳肉自体にはあまりうま味がないのでナンプラーや辛みで補う。
    アンコウのフライアンコウのフライ 柳肉は3枚に下ろす。片身を開いて厚みを均等にして火を入れやすくする。塩コショウして、小麦粉をまぶして、溶き卵をからめパン粉をつけて揚げる。香ばしいなかに淡泊な白身の味があって捨てがたい味。
    アンコウの唐揚げアンコウの唐揚げ 水洗いして皮を剥き尾の部分を唐揚げにする。クセのない白身で水分が多い。その水分が揚げることで放出されて適度にしまる。水分が多い分、中は豊潤で外はかりっと香ばしい。カレー粉やヒハツモドキなどスパイスを利かせてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    あんこ 相撲で「あんこ」、「あんこ形」というのは丸みがあって太っている力士をいう。これはもともと「魚のアンコウのような体形」という意味だ。
    本種を「クツアンコウ」、キアンコウを「アンコウ(あんこお)」とすると『図説有用魚類千種』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年)にある。一般に「アンコウ」とはキアンコウのことなので非常に合理的だ。なぜ、この和名変更を行わなかったのか不思議。
    参考文献・協力
    協力/長宗商店 長野淳さん(三重県熊野市)、海鮮市場 マルモト(神奈川県伊勢原市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「アンコウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ