アナアオサ(英名/Holey sea lettuce)

Scientific Name / Ulva pertusa Kjellman, 1897

代表的な呼び名アオノリ

アナアオサの形態写真

高さ5センチ前後。身体に小さな穴が開いている。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    植物界緑藻植物門緑藻綱アオサ目アオサ科アオサ属
    外国名
    英名/Holey sea lettuce
    学名
    Ulva pertusa Kjellman, 1897
    漢字・学名由来
    漢字 穴石蓴、穴青藻
    由来・語源 藻体に小さな穴が無数に開いているアオサの意味。大言海に〈阿波ニテ、ちさのりト云フ〉。
    アオサは色合いが青い「藻(くさ)」で「くさ」の「く」が省略されたもの。
    アオサの漢字は石(岩)につく青い藻(くさ じゅんさいに似た)の意味。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。潮間帯中部〜下部。
    日本各地。朝鮮半島。
    生態
    基本情報
    藻体が硬いために、食用とはならなかったもの。
    近年、乾燥させて、ふりかけなどに利用されている。
    水産基本情報
    市場での評価 一般には流通しない。加工原料。
    漁法
    産地
    選び方
    加工原料のみ。
    味わい
    旬は春。
    やや硬いが味はいい。
    加工原料にして香りはいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 みそ汁
    希にみそ汁などになる。
    硬いが味がいい。
    乾燥品。一般に青海苔とされるもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    板東粉(アオサ粉)●乾燥して細かく砕いたもの。餅、お好み焼き、菓子などに利用する。大阪では安い青海苔のこと。[大阪府鶴橋地方卸売市場で聞き取り]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「アナアオサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ