アオサ

Scientific Name / Ulva sp.

アオサの形態写真

触ると厚みがありごわごわしている。アオノリの香りがする。

    • 物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    植物界緑藻植物門緑藻綱アオサ目アオサ科アオサ属

    外国名

    学名

    Ulva sp.

    漢字・学名由来

    漢字 石蓴、青藻
    由来・語源 大言海に〈阿波ニテ、ちさのりト云フ〉。
    アオサは色合いが青い「藻(くさ)」で「くさ」の「く」が省略されたもの。
    アオサの漢字は石(岩)につく青い藻(くさ じゅんさいに似た)の意味。

    地方名・市場名

    生息域

    汽水域。
    生息域は不明。

    生態

    基本情報

    観音寺市から「あおさ」として入荷してきたもの。香りが高く、煮ておいしいが種名はわからないので「sp.」とした。食用緑藻類の多くが種不明。

    水産基本情報

    市場での評価/不明
    漁法/採取
    産地/香川県

    選び方

    緑が鮮やかでぬめりなどの出ていないもの。

    味わい

    旬は春。
    触ると厚みがありごわごわしているが、アナアオサほど硬くはない。
    熱を通すことで柔らかくなる。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    アオサの料理法・調理法・食べ方/
    アオサの吸物 藻体は流水で洗って水分を絞っておく。カツオ節出しに酒・塩・薄口醤油で味つけして、食べやすい大きさに切ったアオサを入れて煮る。海藻などの香りが高く、うま味も豊かだ。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/岩尾豊紀さん(鳥羽市水産研究所)
  • 主食材として「アオサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ