オオエッチュウバイ

オオエッチュウバイの形態写真一覧 (スワイプで別写真表示)
16cm SL 以上になる。貝殻は手で割ることができるほど薄くもろい。貝殻は白く黄褐色の殻皮をかぶる。よくふくらみ。縫合は強くくびれる。泥質にいるためか黒く汚れているものが多い。[富山県魚津産]
16cm SL 以上になる。貝殻は手で割ることができるほど薄くもろい。貝殻は白く黄褐色の殻皮をかぶる。よくふくらみ。縫合は強くくびれる。泥質にいるためか黒く汚れているものが多い。[富山県魚津産]
16cm SL 以上になる。貝殻は手で割ることができるほど薄くもろい。貝殻は白く黄褐色の殻皮をかぶる。よくふくらみ。縫合は強くくびれる。泥質にいるためか黒く汚れているものが多い。[秋田県産]
魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目エゾバイ科エゾバイ属アニワバイグループ
外国名
学名
Buccinum tenuissimum Kuroda in Teramachi,1933
漢字・学名由来

漢字 大越中貝 Ooettyubai
由来・語源 エッチュウバイに似て非常に大きくなる。
模式標本は若狭沖。

Kuroda
黒田徳米(くろだ とくべい Kuroda Tokubei 1886-1987 兵庫県淡路島)。貝類学者。日本貝類学会創設者で、会長にもなった。同郷の平瀬與一郎の平瀬商店に丁稚奉公にあがり、貝類の収集、のちに分類にたずさわる。
Teramachi
寺町昭文(1898年-1978年/明治31-昭和53)、京都生まれ。画家であるが膨大な貝を収集。テラマチダカラ、テラマチボラなど献名された貝も少なくない。
地方名・市場名 地方名・市場名は下部にあります。クリックでジャンプします。

概要

生息域

海水生。水深400メートルから1000メートルの海底。エッチュウバイよりも深い場所にいる。
島根県隠岐以北で揚がり、日本海でも水深の深い場所だけにいる。本州日本海側に多く、北海道日本海にはアニワバイが多いのではないかと考えている。

生態

基本情報

日本海特産である。エゾバイ属の大型種のなかでももっとも大きくなり、深海の泥っぽい場所にいるので貝殻が黒いものが多いのも特徴である。
富山県、新潟県では取り分け珍重する。足の部分が大きくクリーム色をしていて美しい。煮て食べることの多いエゾバイ属の中にあって、主に刺身で食べる。産地では高級品である。

水産基本情報

市場での評価 日本海側を中心に流通する。新潟県では高値で取引され、石川県などでもやや高値。
漁法 カゴ漁
主な産地 新潟県、富山県、秋田県、山形県、島根県など

選び方・食べ方・その他

選び方

触ってよく動き、粘液などが垂れていないもの。

味わい

旬は夏。
漁期が出回る時期となる。身(足)の部分が大きく、柔らかい。ワタに旨みが濃厚にある。

栄養

危険性など

食べ方・料理法・作り方

オオエッチュウバイの料理法・レシピ・食べ方/生食(刺身、水貝)、焼く(網焼き)、煮る(酒蒸)、揚げる(天ぷら)、ソテー(バター焼き)
オオエッチュウバイの刺身 もっとも基本的な食べ方である。貝殻は割る。薄い貝殻はワタの中に残りやすいので要注意。わたと足をわける。足を割って唾液腺を取る。ワタの中でも消化器官は取り去っておく。足は最初、徹底的に揉む。ぬめりがある程度出たら、今度は塩を加えて揉む。ていねいに水洗いして、水分をよくきり刺身状にきる。エゾボラ(マツブ)などと比べると柔らかく貝らしい風味も弱い。筋肉は甘味が強く、後から貝らしいうま味がくる。非常に美味。

オオエッチュウバイの水貝 貝殻を割る。貝殻は細かくなると紛れやすいので要注意。足を半割にして唾液腺を取る。これをもんでぬめりを流す。仕上げに塩を加えて揉み、流水でていねいに洗い流す。水分をよく切り、刺身状にへぎ切る。これを昆布だしに酒・塩の中に入れる。汁は冷まして1時間位前に冷凍庫で冷たく冷やしておく。昆布だしと好相性で非常に味わい深い。
オオエッチュウバイの網焼き 貝殻を割る。足と肝を分けて、足を揉んでぬめりを流す。これを適当に切る。魚焼き網、もしくは炭火を起こして網を渡し、強火で焼く。7分通り焼けたらみりん・醤油のタレを塗りながら仕上げる。焼いても身は硬くならず、醤油の風味と相まって実に味わい深い。
オオエッチュウバイの酒蒸 貝殻を割る。足とワタに分けておく。足はぬめりをもみ出して水洗い。ワタは消化器の部分を取る。これを酒・塩・少量の水の中で蒸し煮にする。酒のためか身は硬くならず、貝らしいうま味があってとても美味。
オオエッチュウバイのわた煮 貝を割り、足とワタを分ける。ワタの消化器官を取り去り、汚れを洗い流す。水分をよくきり、酒・みりん・薄口醤油・水で煮る。ワタに苦みがほとんどなくこくのある味わい。
オオエッチュウバイの天ぷら 貝殻を割る。ワタと足を分ける。足は半割にして唾液腺を取る。ぬめりをもみ出して、仕上げに塩で揉む。ていねいに水洗いして水分をよくきる。足に細かく切れ目を入れて手で押しつぶすように平たくする。塩コショウして小麦粉をまぶし、溶き卵、パン粉をつけて高温で短時間揚げる。身は柔らかく、身の甘味・うま味が濃厚でとても美味。
オオエッチュウバイのバター焼き 殻を割ってわたと足に分ける。足は適当にぬめりを流し、ワタは好みの量を切る。これをバターでさっとソテーする。できるだけ短時間ソテーすると柔らかく、バターの風味とあいまってとても美味。ここではたっぷりニンニクをきかせた。

好んで食べる地域・名物料理

新潟県、富山県、石川県

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

ダイバイ
サイズ / 時期大型 参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北陸 
マチョウモノ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所富山県富山 
ドンドロバイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所富山県滑川 
マッチョモバイ マッチョモノ マッチョモ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社))、鮮魚丸和 場所富山県魚津市・富山 
アオバイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)) 場所新潟県、富山県新湊・氷見・滑川 
シロバイ マバイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所新潟県上越 
ベェー
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所新潟県佐渡両津 
バイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所新潟県佐渡相川、富山県富山湾・富山 
オオバエ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)) 場所新潟県新潟市 
バイガイ
参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所福井県、石川県羽咋郡冨来 
オオバイ[大貝]
サイズ / 時期大型