コラム「のどぐろ煮干しで煮ものを作る」

のどぐろ煮干しの里芋煮


小型のアカムツを島根県西部で「めきん」などと言う。干ものにするにも小さすぎるので、煮干し加工が盛んな大田市などで、煮干しに加工されている。

白身魚の煮干しは山口県でもそうだが、里芋と相性がいい。

昆布と「のどぐろ煮干し」を半日漬け込んで火をつけてゆっくり沸騰させ、沸騰する直前で手前で火を止める。

これをこして、煮干しはそのままで酒・しょうゆ味で煮る。
[山根商店 島根県大田市仁摩町]


関連コンテンツ



サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト