コラム「大黒様のお年夜に作られるハタハタの田楽」

ハタハタの田楽


12月9日は大黒様のお歳夜(「大黒様のお年夜」、「大黒様の嫁とり」とも)といい「大黒様の嫁取りの日」とされ、「まっか大根(二股大根)」、豆料理を供え、豆料理とハタハタの田楽を食べる。ちなみにこの日、豪商(お金持ち)はイワシ(マイワシ)を焼いて膳にのせるらしい。
庄内地方の鶴岡市、酒田市などでは鮮魚店で早朝からハタハタが焼かれる。またスーパーなどには数日前から「ハタハタの田楽」と豆料理、また「大黒様のお年夜」用のセットが売られる。家庭で作ったものかも知れないが、今では鮮魚店・スーパーなどで買うものとなっている。

大黒様のお歳夜の膳


12月9日は大黒様のお歳夜(「大黒様のお年夜」、「大黒様の嫁とり」とも)。「まっか大根(二股大根)」、豆料理を供え、ハタハタの田楽と豆料理、おこしを食べる。
左上から「ハタハタの田楽」、「たらのこいり」、「黒豆煮」、中央中「黒豆のなます」、「豆腐の田楽」、下左「黒豆ごはん」、「納豆汁」。膳の右側にあるのが「こめいり(おこしともいう。これをを固めたもの、ばらのものもある)」。明らかに子孫繁栄をいのる祭事である。


関連コンテンツ



サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト