塩かつお

塩かつおを作る


カツオ漁が盛んだった伊豆半島西部で、盛んに作られていたのが「塩かつお」だ。カツオ丸ごとを塩漬けにして、干し上げる。秋につけ込んで正月飾りにするなど、西伊豆から沼津くらいまでの地域では年取魚でもあった。これがあまり作られなくなり、沼津などでは魚屋が作るようになる。

これと同じ現象が東京都八王寺でも起こっている。本来加工品で仕入れていたものを魚屋が自製するようになる。八王寺でも西側の明治以前に中心街であった地域、諏訪町や元八王子などに残る。

作り方食べ方1

焼き上げた塩かつお

半身で作ったり、切り身で作ったりする。

作り方はいとも簡単である。切り身にたっぷりの塩をまぶす、水分が出て来たら何度か返す。

塩が液化して馴染んできたら、保存袋に入れて少し寝かせる。

2日くらいで食べられる。塩が強ければ冷蔵で1ヶ月くらい持つ。

これを焼いて食べる。

ご飯のすすむおかず

炊きたてのご飯に塩がつお

なんと言ってもご飯に合う。酒の肴にもなるが邪道に思えるほどご飯と相思相愛の関係だ。

茶漬けにしても非常にうまい。

問題は塩分濃度だろう。日常的に食べるなかれ。


関連コンテンツ




サイト内検索

目次