ミミイカ(英名/Bottle-tailed cuttlefish,Little cuttlefish)

Scientific Name / Euprymna morsei(Verrill,1881)

ミミイカの形態写真

外套長3cm〜4cm。鰭は丸みを帯びる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門頭足綱鞘形亜綱コウイカ目ダンゴイカ科ダンゴイカ亜科ミミイカ属
    外国名
    英名/Bottle-tailed cuttlefish,Little cuttlefish
    学名
    Euprymna morsei(Verrill,1881)
    漢字・学名由来
    漢字 耳烏賊
    由来・語源 鰭(耳)が耳のようであるため。
    地方名・市場名 [?]
    テルコイカ
    参考柳橋連合市場20181122 場所福岡県福岡市 
    チコベイカ チコベカ ドンビイカ

    ダンゴイカ ヒドコイカ ジコイカ
    参考文献より。 
    生息域
    海水生。
    北海道南部〜九州。
    生態
    基本情報
    各地で細々と食用となっているもの。
    関東ではほとんど見かけない。西日本に多いものだ。
    産地でしか消費されないので、一般にはほとんど知られていない。
    マダイなどの良質なエサとしても重要。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど流通しない。
    漁法 底曳き網
    産地 瀬戸内海周辺
    選び方
    触って張りのあるもの。白濁したものは古い。
    味わい
    旬は春
    非常に小さなイカ。
    ワタに独特の味わいがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(塩ゆで、煮る、ガリシア風)、ソテー(アヒージョ)
    ミミイカの塩ゆで
    ミミイカの塩ゆで 非常に小型のイカなので丸のままよく水洗いして水分をよく切る。これをやや強めの塩水でゆでる。冷水に取るのではなく八分通り火を通しておかあげ(ザルなどで自然に放冷)しいたほうがいい。軟体部分もうまいが、卵巣や内臓にうま味がある。酢みそで食べても、わさびしょうゆで食べてもうまい。

    ミミイカの煮つけミミイカの煮つけ 丸のまま使うので軽く水洗いする。鍋にしょうゆ、酒、砂糖(しょうゆ、みりん、酒)を合わせて(水は使わない)煮立てて水切りしたものを短時間煮る。煮ても硬く締まらず、内臓にこくがある。
    ミミイカのガリシア風ミミイカのガリシア風 本来はマダコなどを使うスペインガリシア地方の料理だ。軽く水洗いして水分をよく切っておく。強めの塩水を煮立てて軽くゆでる。ザルなどにとり器に入れてオリーブオイル、塩を加えて和える。仕上げにパプリカを振る。
    ミミイカのアヒージョミミイカのアヒージョ 軽く水洗いしてよく水分をきる。小振りの鉄のパン、あれば陶器のカスエラなどを用意。大量のニンニクとオリーブオイルを入れ、ミミイカを加えて上から振り塩。これを火に掛ける。ミミイカから水分が出てオリーブオイルと混ざり合う。これがパンに合う。
    好んで食べる地域・名物料理
    瀬戸内海周辺。

    ドンビイカの塩辛ドンビイカの塩辛 兵庫県姫路市家島坊勢島で漁師さんなどが個人的に作っているもの。臭いがきつく、味も独特。ただしうま味豊かで日本酒に好相性。いつまでも作り続けて欲しいものだ。[兵庫県姫路市家島群島坊勢島、坊勢漁業協同組合]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/兵庫県姫路市家島群島坊勢島、坊勢漁業協同組合
    『イカ・タコ識別図鑑』(土屋光太郎監修、小西英人編者、西潟正人料理 エンターブレイン)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「ミミイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ