マルバアマノリ

Scientific Name / Porphyra suborbiculata   Kjellman, 1897

代表的な呼び名イワノリ

マルバアマノリの形態写真

直径3-7cmになる。全体に丸みをおびる。
マルバアマノリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
直径3-7cmになる。全体に丸みをおびる。直径3-7cmになる。全体に丸みをおびる。
    • 物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    植物界紅藻植物門紅藻綱ウシケノリ目ウシケノリ科アマノリ属

    外国名

    学名

    Porphyra suborbiculata   Kjellman, 1897

    漢字・学名由来

    漢字 丸葉甘海苔
    由来・語源 円状に丸くなるアマノリの意味。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。比較的波を被るような外洋に面した岩などに付着。
    千葉県外房、瀬戸内海、西南諸島、伊豆諸島。朝鮮半島。
    干潮時に干上がる岩などに付着する。

    生態

    基本情報

    主に太平洋岸、瀬戸内海岸で採取される。日本海にはいない。
    千葉県以南の太平洋側でとれる「岩のり」の多くが本種で作られていると思われる。
    基本的に採取して水洗いし、板状にして干して保存する。

    水産基本情報

    市場での評価 岩ノリという製品名で入荷してくるもののひとつ。高い。
    漁法 採取
    産地

    選び方

    ほぼ総てが乾物。よく乾いて黒いもの。退色していないもの。

    味わい

    旬は乾物なので周年。
    採取時期は冬から春。
    磯の香りがあり、甘みと旨みが強い。
    柔らかい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    乾物/あぶる、佃煮、あえもの(磯あえ)
    一般に軽くあぶってご飯にかける。
    そのまま食べるなどする。
    磯の風味と甘み旨みを楽しむ。
    時には佃煮などにも。

    好んで食べる地域・名物料理


    あまのりの板海苔あまのり 海岸で採取して板状にして干し上げたもの。両面をあぶって、お握りや巻きずし、そのまましょうゆをつけて食べてもおいしい。[島田えつ子さん 徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島]
    あまのりの板のりあまのり あぶってしょうゆをつけて食べる。あぶりたてを食べると磯の香りが高く、甘味豊かで実においしい。小粋な酒の肴になる。[島田えつ子さん 徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島]
    あまのりのお握りあまのりのお握り 軽くあぶって炊きたてのご飯のお握りを包み込む。ご飯の温かさと、湿度で強い磯の香りが立つ。海苔の甘味とご飯の甘味があいまってすこぶるつきのうまさだ。[島田えつ子さん 徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島]

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/島田えつ子さんと徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島のみなさん(徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島)、菊地則雄さん(千葉県立中央博物館海の博物館)に同定して頂きました。
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「マルバアマノリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ