ボンボリカエルアンコウ(Fishing frog)

Scientific Name / Antennarius hispidus (Bloch and Schneider, 1801)

ボンボリカエルアンコウの形態写真

体長15センチ前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正骨下区側棘上目アンコウ目カエルアンコウ亜目カエルアンコウ科カエルアンコウ属

    外国名

    Fishing frog

    学名

    Antennarius hispidus (Bloch and Schneider, 1801)

    漢字・学名由来

    漢字 雪洞蛙鮟鱇
    由来・語源 「ぼんぼり」は江戸時代以前の照明器具で、ぼんやりと明るいという意味合いもある。吻上棘先端の皮弁が3つに分かれず、もやもやとした総状であるため。英名「Fishing frog」から来るのではないかと思う。古くは「イザリウオ」。
    Bloch
    Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
    Schneider
    Johann Gottlob Theaenus Schneider(ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー 1750-1822 ドイツ)。博物学者。マルクス・エリエゼル・ブロッホ(Marcus Élieser Bloch)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行、完成させた。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深90メートルよりも浅い砂泥底。
    神奈川県小田原、和歌山県田辺湾、高知県、沖縄島。韓国、台湾、インド・西太平洋域。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/永野昌枝さん・廣さん 高知市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ボンボリカエルアンコウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ