フシデサソリ(Scorpion conch)

Scientific Name / Lambis (Millepes) scorpius scorpius (Linnaeus, 1758)

フシデサソリの形態写真

全長20cm前後になる。殻口に無数の筋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★

    まずくはない
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱盤足目ソデボラ科(スイショウガイ科)サソリガイ属
    外国名
    Scorpion conch
    学名
    Lambis (Millepes) scorpius scorpius (Linnaeus, 1758)
    漢字・学名由来
    漢字 節出蠍
    由来・語源 黒田徳米の命名。棘状に伸びる部分に節があるため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。サンゴ礁。
    奄美大島以南。熱帯太平洋。
    生態
    基本情報
    沖縄県ではソデボラ科(スイショウガイ科)のクモガイやスイジガイなどを食用にしている。
    本種も食べている模様で市場にも並ぶ。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方

    裏側を見ると同定しやすい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「フシデサソリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ