バケムツ(Bakemutu)

Scientific Name / Neoscombrops pacificus Mochizuki, 1979

バケムツの形態写真

体長35センチ前後になる。クロムツなどと比べると鱗はより大きく側へんする。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科バケムツ属
    外国名
    Bakemutu
    学名
    Neoscombrops pacificus Mochizuki, 1979
    漢字・学名由来
    漢字 化鯥(Bakemutu)
    由来・語源 「むつ」に似て別種であるため。
    地方名・市場名 [?]
    ムツ
    場所鹿児島市 
    生息域
    海水魚。水深100〜500メートルの海山岩礁、大陸棚斜面。
    伊豆諸島南部、奄美大島、沖縄諸島。台湾南部、サモア諸島、フィジー諸島。
    生態
    基本情報
    めったにとれない珍魚のひとつ。
    食べて美味しいことなど一般的にはまったく知られていない。
    価格は姿の似たムツよりも安い。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は非常に希。価格は安い。
    漁法 釣り
    産地 鹿児島県
    選び方
    味わい
    旬は秋から春
    鱗は薄くやや大きく取りやすい。皮はやや厚め。骨は軟らかい。口腔、喉、腹膜は黒い。
    白身で血合いは弱い。
    骨は硬いが頭部などは割りやすい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮つけ、塩焼き、刺身(皮霜造り、刺身)、汁(鍋、みそ汁)、ソテー(ポワレ、ムニエル)
    煮る しょうゆ味で煮た、もっとも基本的な煮つけにして美味。みりん、酒で砂糖を使わない味つけがいい。あまりにもうますぎて、大量に作ってもすぐに食卓から消えてしまう、そのような煮つけなのだ。卵巣もうまい。
    塩焼き しっとりとした身に仕上がり、風味もいい。
    刺身 血合いの色が弱く、弾力・硬さが一定。この均質なところがマイナス点といえるかも知れない。が、まことに端正で甘みも感じられてうまい。
    煮つけがうまい魚の鍋もうまいのは当たり前。まことに味わい深いだしが出る。身は適度に締まり、身離れがいい。
    ソテー ソテーして表面はこんがりと、なかはしっとりとジューシーに仕上がる。

    バケムツの煮つけ煮つけ
    究極の煮つけといっても過言ではない。うまい。
    バケムツの塩焼き塩焼き
    塩焼きはスズキに似た味だが、より繊維が細く、練り絹のようで甘みがある。
    バケムツの刺身刺身
    刺身にすると、血合いの色が弱いのが弱点かも。他に文句のつけられるところはない。
    バケムツのちり鍋ちり鍋
    ちり鍋にすると非常にうま味の濃いだしが出る。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「バケムツ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ