ムツ

一般的な意味での「ムツ」についてのまとめページです。
標準和名「ムツ」のページはコチラになります。

「ムツ」と呼ばれるもの一覧

印は「ムツ」ですがそれ以外はムツの仲間ではありません。

  • アカムツ

    海水魚。水深100メートル〜200メートル。 青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚〜大陸棚斜面域、大東島近海。朝鮮半島南岸、済州島、山東半島、浙江省、台湾、フィリピン諸島、インドネシア、オーストラリア北西岸。標準和名よりも日本海での呼び名「のどくろ」と呼ばれることが多い。・・・
    アカムツのページへ
  • アブラソコムツ

    海水魚。大陸棚縁辺 相模湾〜土佐湾の太平洋沿岸。台湾南部、世界中の温帯・熱帯域。南日本の太平洋側のやや深い場所に棲息、体長1.5メートルにもなる大型魚である。 身の部分にワックスエステルという油の一種を多量に含んでおり、食べると下痢をする。このワックスエステル(有害物質)を含むということで売ったり買ったり、すなわち流通・・・
    アブラソコムツのページへ
  • カワムツ

    淡水魚。比較的穏やかな流れの河川と湖沼。 富山県、静岡県以西。琵琶湖産アユの移植にともな大井川以東、関東でも見られる。河川にいる魚のなかでも、オイカワなどと比べて利用される可能性の低いもの。 いまだに好んで食べている地域は知らない。
    カワムツのページへ
  • クロムツ

    海水魚。水深200-500m。 福島県、房総半島東岸、相模湾、伊豆大島、伊豆半島東岸。関東では伊豆半島、伊豆諸島のクロムツとムツを確実に区別して売っているが、これが性格かどうかはわからない。ただクロムツの方が圧倒的に高価。魚類中もっとも値の張る魚である。 関東では冬の魚として珍重し、また春が近づくと膨らんでくる卵巣を「・・・
    クロムツのページへ
  • ヌマムツ

    淡水魚。河川の中流から下流域にかけての淵や平野部の池沼、砂底や泥底の中・表層。 日本固有種。中部以西の本州、四国瀬戸内海側、九州北部。関東地方に移植。
    ヌマムツのページへ
  • ハチジョウアカムツ

    海水魚。水深200メートルより深場。 八丈島、鳥島、西之島、小笠原諸島、北硫黄島、硫黄島、神奈川県三浦半島、和歌山県串本、高知県、宇治群島、屋久島、琉球列島。 台湾、東沙諸島、インド-太平洋(オーストラリア北西岸・北岸とマルケサス諸島以東をのぞく)伊豆諸島、小笠原、鹿児島、沖縄などから入荷してくる。ハマダイ属はすべて高・・・
    ハチジョウアカムツのページへ
  • バケアカムツ

    海水魚。水深100以上の深場。 小笠原、鹿児島、沖縄。〜東インド・西太平洋。かなりの珍魚。 鹿児島県、小笠原などではハチジョウアカムツなどと混同されていそう。 沖縄ではマチ類のひとつ。 熱帯域などに多い高級魚。
    バケアカムツのページへ
  • バケムツ

    海水魚。水深100〜500メートルの海山岩礁、大陸棚斜面。 伊豆諸島南部、奄美大島、沖縄諸島。台湾南部、サモア諸島、フィジー諸島。生息域もよくわかっていない、めったにとれない珍魚のひとつ。 食べて美味しいことなど一般的にはまったく知られていない。 価格は姿の似たムツよりも安い。
    バケムツのページへ
  • バラムツ

    海水魚。水深400〜850メートル。 北海道太平洋沖、福島県南部〜土佐湾の太平洋沖、兵庫県浜坂、東シナ海、九州-パラオ海嶺。 台湾南部、世界中の温帯〜熱帯域。産地では今でも食習慣が残るが、筋肉に大量にワックスエステル(蝋のような油)があり、食べると、下痢、腹痛を引き起こすことがある。また肛門から油が出る。このため流通は・・・
    バラムツのページへ
  • ムツ

    海水魚。北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海、鳥島。九州〜パラオ海嶺、東シナ海大陸棚縁辺域、台湾。 水深200〜700メートルの岩場。関東などでは煮つけ用の魚として、最上級のもので人気が高い。また浅い岩礁域にいるので「オンシラズ」などと呼ばれる、幼魚から若魚まで総て値がつくのも特徴かも知れな・・・
    ムツのページへ

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト