トウカムリ(Horned helmet)

Scientific Name / Cassis cornuta (Linnaeus,1758)

トウカムリの形態写真

30cm SL 前後になる。非常に貝殻が厚く硬い。持ち重りがする。肩の部分に強い瘤状、角状の突起がある。殻口が狭い。外唇、内唇、軸唇は一枚の板状に外側に広がる。
トウカムリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
30cm SL 前後になる。非常に貝殻が厚く硬い。持ち重りがする。肩の部分に強い瘤状、角状の突起がある。殻口が狭い。外唇、内唇、軸唇は一枚の板状に外側に広がる。30cm SL 前後になる。非常に貝殻が厚く硬い。持ち重りがする。肩の部分に強い瘤状、角状の突起がある。殻口が狭い。外唇、内唇、軸唇は一枚の板状に外側に広がる。30cm SL 前後になる。非常に貝殻が厚く硬い。持ち重りがする。肩の部分に強い瘤状、角状の突起がある。殻口が狭い。外唇、内唇、軸唇は一枚の板状に外側に広がる。30cm SL 前後になる。非常に貝殻が厚く硬い。持ち重りがする。肩の部分に強い瘤状、角状の突起がある。殻口が狭い。外唇、内唇、軸唇は一枚の板状に外側に広がる。30cm SL 前後になる。非常に貝殻が厚く硬い。持ち重りがする。肩の部分に強い瘤状、角状の突起がある。殻口が狭い。外唇、内唇、軸唇は一枚の板状に外側に広がる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


      食べられなくはない

    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱吸腔上目中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科トウカムリ科トウカムリ属

    外国名

    Horned helmet

    学名

    Cassis cornuta (Linnaeus,1758)

    漢字・学名由来

    漢字 唐冠
    由来・語源 『六百介品』より。唐冠は冠の左右に薄い板をつけたもの。形からだろう。
    六百介品
    江戸時代に作られた彩色図譜。600種ほどの貝類を漢名、和名で紹介したもの。著者不明。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。浅いサンゴ礁。
    紀伊半島、三宅島以南。熱帯インド・西太平洋域。

    生態

    基本情報

    食用としてよりも収集の対象として重要。

    水産基本情報

    市場での評価 沖縄では流通する。やや高値。
    漁法 潜水。
    産地 沖縄県

    選び方

    原則として生きているもの。

    味わい

    貝殻は厚く硬く非常に重い。
    軟体部分、内臓から強い粘質の物質がでて、不用意に触るととれなくなる。
    ゆでて身を取り出すのが普通だが、生に近い状態で食べるなら湯をかけるといいかも。
    うま味が少なく、食感もよくはない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    トウカムリの料理法・調理法・食べ方/ゆでる、生食
    トウカムリの塩ゆで 貝殻は非常に硬く割るのは大変。大きい鍋などでゆでてみた。足の部分を取りだして、表面のぬめりをていねいに洗い流す。適当に切り食べてみたが味がない。食べられなくはないが、おいしくもない。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「トウカムリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ