タイリクスズキ(Sea bass 韓国/농어(ノンオ))

Scientific Name / Lateolabrax maculatus (McClelland, 1844)

タイリクスズキの形態写真

80cm SL 前後になる。細長く全身が銀白色。体に黒い斑紋があり鱗よりも大きい。頭部は小さく先端に向かって微かにしゃくれる。
タイリクスズキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
80cm SL 前後になる。細長く全身が銀白色。体に黒い斑紋があり鱗よりも大きい。頭部は小さく先端に向かって微かにしゃくれる。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ科スズキ属
    外国名
    Sea bass 韓国/농어(ノンオ)
    学名
    Lateolabrax maculatus (McClelland, 1844)
    漢字・学名由来
    漢字 大陸鱸
    由来・語源 中国大陸周辺にいるスズキの意味合い。
    地方名・市場名 [?]
    ゴマスズキ
    生息域
    海水・汽水魚。
    朝鮮半島西岸、黄海、渤海湾、東シナ海西部、南シナ海北部。
    生態
    基本情報
    西日本などでの養殖もののスズキに多い。
    養殖スズキは比較的安くて価格が安定しているので、
    料理店など一定のメニューを維持するのに利用されている。
    2キロ前後のサイズでこの斑紋の目立つものが多く、これをタイリクスズキとした。
    また西日本からの天然ものにもしばしば見かける。
    水産基本情報
    市場での評価 スズキと同じ評価。養殖ものは価格安定して安い。
    漁法 養殖、刺し網、定置網
    産地
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「タイリクスズキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ