ヨーロッパスズキ(英名/European seabass. フランス/Bar européen スペイン/Lubina)

Scientific Name / Dicentrarchus labrax (linnaeus.1758)

代表的な呼び名ヨーロピアンスズキ

ヨーロッパスズキの形態写真

体長80センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ科ヨーロッパスズキ属
    外国名
    英名/European seabass. フランス/Bar européen スペイン/Lubina
    学名
    Dicentrarchus labrax (linnaeus.1758)
    漢字・学名由来
    漢字 欧羅巴鱸
    由来・語源 主にイギリス、ヨーロッパ各地などでとれるスズキの意味。
    地方名・市場名 [?]
    ニシウミスズキ ヨーロピアンシーバス
    参考『新独和辞典』(阿部宗明 大学書林) 
    生息域
    汽水・海水魚、しばしば淡水域にも。水深10-100m。
    東部大西洋、ノルウェーからモロッコ、地中海、黒海。
    生態
    基本情報
    地中海、黒海で盛んに養殖されている。
    フレンチ、イタリアンなどでの「スズキ」は基本的に本種。
    水産基本情報
    市場での評価 輸入量は非常に少ないと思われる。産地ではもっとも一般的な食用魚のひとつ。
    漁法 養殖、定置網
    産地 トルコ、ギリシャ、イタリア、ポルトガルなど。
    選び方
    味わい
    養殖魚で旬は不明。
    鱗は取りやすく、骨はあまり硬くない。皮はしっかりしている。
    上質の白身。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/TURKISH SEAFOOD PROMOTION COMMITTEE
    『新独和辞典』(大学書林)
  • 主食材として「ヨーロッパスズキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ