サケビクニン

Scientific Name / Careproctus rastrinus Gilbert & Burke, 1912

サケビクニンの形態写真

40cm前後になる。サケの筋肉の色を思わせるような薄い朱色。非常にぶにょぶにょしている。肌がだぶつく。吸盤が頭部近くにあり小さい。肛門は吸盤の真後ろではっきり開いている。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目クサウオ科コンニャクウオ属

    外国名

    学名

    Careproctus rastrinus Gilbert & Burke, 1912

    漢字・学名由来

    漢字 鮭美区忍
    由来・語源 不明

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深55-913m。
    北海道全沿岸、青森県日本海沿岸、新潟県〜島根県の日本海沿岸、青森県〜相模湾の太平洋沿岸。
    ピーター大帝湾、間宮海峡、オホーツク海、ベーリング海、アリューシャン列島、アラスカ湾。

    生態

    基本情報

    底曳き網、定置網などに混ざる魚で一般に食用としない。現状では安くて、水分が多くて重いので、むしろやっかいな存在かも知れない。

    水産基本情報

    市場での評価/希に東北などから入荷してくる。一定の評価はなく平凡な値段。
    漁法
    主な産地 岩手県、秋田県など

    選び方

    味わい

    旬は秋から初夏だと思う。春から初夏の卵巣や肝は特に美味。
    鱗はない。皮はぶにょぶにょして柔らかい。骨は柔らかい。
    白身と言えそうだが、水分が多く柔らかく、煮ると少しだけ締まる。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    サケビクニンの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ)、汁(潮汁、しょうゆ汁)
    サケビクニンの煮つけ
    サケビクニンの煮つけ 鱗もなく、骨も柔らかいので水洗いしてぶつ切りにする。卵巣、肝、胃袋などとともに水、酒、しょうゆ、みりんの味つけで煮る。あまり煮すぎない方がいい。ぶにょぶにょした皮はそのままで、筋肉は適度にしまってとても味がいい。肝と卵巣はとてもうまい。


    サケビクニンの潮汁サケビクニンの潮汁 水洗いして適宜に切る。これを昆布だしであくを取りながら煮る。酒と塩で味つけして出来上がり。皮膚はとろっとしてゼラチン状になり、身は少し締まって別種のうまさがある。クセがなく面白い食感でなかなかイケる味になる。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「サケビクニン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ