コモンイトギンポ

Scientific Name / Zoarchias neglectus Tanaka, 1908

コモンイトギンポの形態写真

9cm SL 前後になる。星長く体側に目立った斑紋はない。尾鰭の後端は尖る。背鰭・尻鰭の斑紋はやや広い。
コモンイトギンポの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
9cm SL 前後になる。星長く体側に目立った斑紋はない。尾鰭の後端は尖る。背鰭・尻鰭の斑紋はやや広い。9cm SL 前後になる。星長く体側に目立った斑紋はない。尾鰭の後端は尖る。背鰭・尻鰭の斑紋はやや広い。9cm SL 前後になる。星長く体側に目立った斑紋はない。尾鰭の後端は尖る。背鰭・尻鰭の斑紋はやや広い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目ゲンゲ亜目タウエガジ科カズナギ属

    外国名

    学名

    Zoarchias neglectus Tanaka, 1908

    漢字・学名由来

    漢字/小紋糸銀宝? Komonitoginpo
    由来・語源/田中茂穂の命名だと思われるので「小紋」ではないかと思う。小紋柄という意味よりも斑紋が目立たないためか。タイプ標本は神奈川県三崎。『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1938)
    Tanaka
    田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。沿岸の岩場・潮だまり。
    [茨城県北茨城市平潟]、千葉県銚子〜東京湾、神奈川県三浦半島。

    生態

    基本情報

    現在のところ太平洋沿岸の潮だまりや浅い岩礁域で希にとれる魚でしかない。非常に小さな魚なので観賞魚にはなるかもしれないが、食用として利用されることはない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/日比野友亮さん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「コモンイトギンポ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ