カコボラ(Neapolitan triton)

Scientific Name / Cymatium (Monoplex) parthenopeum (Salis Marschlins,1793)

カコボラの形態写真

殻高12センチ前後になる。殻皮は厚く毛が全体を覆っている。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度

      ★★
      まずくはない

    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科フジツガイ科カコボラ属

    外国名

    Neapolitan triton

    学名

    Cymatium (Monoplex) parthenopeum (Salis Marschlins,1793)

    漢字・学名由来

    漢字 加古法螺
    由来・語源 『六百介品』より。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。千葉県外房以南に棲息する。

    生態

    基本情報

    一般に食用とみなされていない。
    流通することもない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    旬は春。
    貝殻は硬く、強く長い毛をまとっている。
    身は取り出しやすく、熱を通すと出しやすい。
    食べられるのは筋肉のみだと思われる。
    内蔵からテトロドトキシン、唾液腺からも毒性分が見つかっている。浜辺などで刺し網にかかったのをよく捨てられている。もし拾って食べるならワタやときに唾液腺を除去する必要がある。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 煮る(塩ゆでほか)
    煮る◆足(筋肉)のみを食べる。甘みがあり、味は悪くない。
    煮る◆足(筋肉)のみを食べる。甘みがあり、味は悪くない。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊東正英(鹿児島県南さつま市笠沙)、『宍喰漁業協同組合』(徳島県海部郡海陽町宍喰)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「カコボラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ