シノマキ

Scientific Name / Cymatium (Monoplex) pileare (Linnaeus, 1758)

代表的な呼び名シノマキガイ

シノマキの形態写真

12cm SL 前後になります。殻表に毛が生えている。細かい螺肋がたくさんあり、成長脈に切られて網目状になる。縦張肋は太く白い帯がある。
シノマキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
12cm SL 前後になります。殻表に毛が生えている。細かい螺肋がたくさんあり、成長脈に切られて網目状になる。縦張肋は太く白い帯がある。12cm SL 前後になります。殻表に毛が生えている。細かい螺肋がたくさんあり、成長脈に切られて網目状になる。縦張肋は太く白い帯がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科フジツガイ科Cymatium属

    外国名

    学名

    Cymatium (Monoplex) pileare (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字/篠巻 Shinomaki
    由来・語源/『目八譜』より。〈篠巻 通称〉とある。『目八譜』では薩摩法螺の方が似ている。
    「篠巻」は大言海に〈篠卷 綿ヲ、細キ竹ニ卷キテ、細長キ筒の如クシタルモノ。コレヨリ、絲ヲ紡ギ取ル〉。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    武蔵石寿
    武蔵石寿(むさし・せきじゅ 玩珂停、明和3-万延元年 1766-1861)。450石取りの旗本。赭鞭会。本草学、貝類。西洋の新しい分類学も取り入れようとしていた。『目八譜』(掲載1064種)、『甲介群分品彙』(掲載605種)、『介殻稀品撰』など。現在使われている標準和名の多くがここから来ている。
    目八譜
    1843(天保14)、武蔵石寿が編んだ貝の図譜のひとつ。図は服部雪斎が描く。武蔵石寿は貝類を形態的に類別。1064種を掲載する。現在使われている標準和名の多くが本書からのもの。貝類学的に非常に重要。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。潮間帯の岩礁域。
    紀伊半島・八丈島以南、山口縣日本海側・長崎県橘湾以南。
    熱帯インド・太平洋。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    危険性など

    毒性は不明だがフジツガイ科なので要注意。

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/佐藤厚さん(長崎県雲仙市) アドバイス/池田等さん(神奈川県)
    『目八譜』(武蔵石寿著、服部雪斎ほか画 弘化2年[1845])、『日本近海産貝類図鑑 第二版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「シノマキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ