オゴノリ

Scientific Name / Gracilaria verrucosa (Hudson)Papenfuss

オゴノリの形態写真

高さ30センチを超える。細長く円柱状

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    植物界紅藻植物門紅藻綱オゴノリ目オゴノリ科オゴノリ属
    外国名
    学名
    Gracilaria verrucosa (Hudson)Papenfuss
    漢字・学名由来
    漢字 於期海苔、於期菜、龍髭菜、頭髪菜
    由来・語源
    地方名・市場名 [?]
    オゴ ウゴ ウゴノリ
    生息域
    海水生。日本各地。カラフト、朝鮮半島。
    磯、潮間帯などに棲息。
    生態
    基本情報
    オゴノリの仲間は化学寒天材料として重要。
    中国、フィリピンなど世界中で養殖が進んでおり、輸入が盛んとなっている。
    それに対して国内でとれるオゴノリも利用はされるが、流通状は少ない。
    寒天材料となるほか、刺身の妻などに利用されている。
    また格安のオゴノリは輸入原藻を着色したもの。
    水産基本情報
    市場での評価 市場で流通するものは加工されて着色されたもの。安い。
    漁法 養殖
    産地
    選び方
    味わい
    旬は冬から春。
    生で食べると特に女性は危険。必ず十分に火を通す。
    ゆでると緑色になり、
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法生/湯通し
    調理法寒天/寒天にする、みそ汁、サラダ
    さっと茹でると鮮やかとは言いがたいものの、濃い緑になる。
    これを冷水にとってポン酢で食べる。
    やや硬めながら磯の香りがほどよく、微かに甘味がある。
    苦味はまったくなく、食べやすい。
    刺身の妻としても重要。
    寒天は、煮詰めて固める。
    甘みをつけてそのまま。
    蜜豆などに入れる。
    また水でもどしてみそ汁の具にしてもいい。
    生のものを湯通しすると鮮やかな緑になる。
    棒寒天。一般に工業的に作られる寒天の原材料はオゴノリ類となっている。
    寒天が入った蜜豆
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    寒天/長野県茅野市など。棒状、糸状、粉末などがある。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「オゴノリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ