クロタチカマスの小骨は気にならない

クロタチカマスの塩焼きを食す


クロタチカマス科の多くが皮から筋肉に向かって、大量の骨が入り組んでいる。これが煩わしいと骨切りをして焼いたり、煮たりしていた。
ただ骨切りすると、うま味を含んだエキスが流れ出て、味にも影響することがわかってきた。それならとそのまま焼き、そのまま煮て食べてみると、骨は比較的柔らかく長いために気にならないことに気づく。
確かに大量の骨を抜き取り、口の中から出すなど煩わしいが、骨切りは無用だと思った。


関連コンテンツ




サイト内検索

目次