コラム「韓国で食べたタラの鍋」

澄んだスープで煮ながら食べる


韓国東海岸임원(臨院)여정식당(yeo-jeong-sig-dang)で朝ご飯に鍋を食べた。

대구(テグ マダラ)なのか명태(ミョンテ スケトウダラ)なのかはわからない。澄んだスープで煮ながら食べる지리(チリ)だ。생태국(センテグ)だけでスケトウダラの鍋、これに지리(チリ)がつくのか。
「ちり」自体が料理名としては一時的言語だろう。だから単純に関西の鍋の名前が韓国に渡ったとは言い切れない。

実にうま味豊かなだしでタラの鮮度がよく実にうまい。ご飯がすすむ。ご飯は小さなステンレスの容器に少しなので太りそうもない。

だしはタラだけのうま味ではない


韓国の市場にはいろんな種類の昆布が、たくさん並んでいた。韓国料理では昆布をよく利用するようだ。

ただ昆布と魚(タラ)だけのうま味ではここまでうま味豊かではないと思う。

微かにだが、それ以外のうまみ、例えば煮干しの風味を感じるが確かではない。

鮮度のいいタラが使われている


鮮度のいいタラで、煮崩れしていない上に、肝が実にうまい。


関連コンテンツ



サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト