濃漿

鯉こく・こいこく


鯉(コイ)のみそ汁であるが、生のコイの切身をみそ汁で煮たものと考えた方がいい。濃い目のみそで煮て作るものを「濃漿(こくしょう)」というが、ウナギ、コイ、ナマズなどの淡水魚や肉類で作る。コイで作るものをとくに「鯉濃漿」で「鯉濃(こいこく)」となったのだろう。国内でコイをよく食べる地域では普通だ。

県別
群馬県 館林市赤羽・館林こいごくみそ汁にコイを輪切りにして入れる。時に酒・砂糖などを加える。

ナマズの濃漿(みそ汁)


ナマズのみそ汁であるが、生のナマズをぶつ切りにして味噌で煮たもの。濃い目のみそで煮て作るものを「濃漿(こくしょう)」というが、ウナギ、コイ、ナマズなどの淡水魚や肉類で作る。コイで作るものをとくに「鯉濃漿」で「鯉濃(こいこく)」となったのだろう。国内でコイをよく食べる地域では普通だ。

県別
群馬県 館林市館林なまずのみそ汁城沼(館林城の東にある池)でとれたナマズをみそ汁に入れる。


関連コンテンツ




サイト内検索

目次