ヤマトカラッパ(Japanese shame-faced crab)

Scientific Name / Calappa japonica Ortmann, 1892

ヤマトカラッパの形態写真

甲長90mm・甲幅150mm前後・重さ550g前後になる。まんじゅう形をしている。
ヤマトカラッパの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
甲長90mm・甲幅150mm前後・重さ550g前後になる。まんじゅう形をしている。甲長90mm・甲幅150mm前後・重さ550g前後になる。まんじゅう形をしている。甲長90mm・甲幅150mm前後・重さ550g前後になる。まんじゅう形をしている。甲長90mm・甲幅150mm前後・重さ550g前後になる。まんじゅう形をしている。甲長90mm・甲幅150mm前後・重さ550g前後になる。まんじゅう形をしている。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目カラッパ上科カラッパ科カラッパ属
    外国名
    Japanese shame-faced crab
    学名
    Calappa japonica Ortmann, 1892
    漢字・学名由来
    漢字/大和からっぱ、大和空っぱ
    由来・語源/属名が「Calappa」であるためか、それともシーボルトがカラッパ類を持ち帰ったときに、長崎などの呼び名を伝えていたのかがわからない。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。水深50-200mの砂と貝殻の海底。
    東京湾、相模湾、志摩半島、南紀、土佐湾、日向灘、天草灘。ベンガル湾、アフリカ東岸域。
    生態
    基本情報
    食用ではないので、刺し網などの漁に混ざるだけ。カラッパ類はシーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)が持ち帰り、ウィレム・デ・ハーン(Wilhem de Haan)がライデン王立自然史博物館などで整理・研究をしたもの。この語源がわからない。
    姿が面白いので観賞用に飼われたり、水族館などでも人気があるようdふぁ。
    水産基本情報
    市場での評価/食用ではなく、水槽を持っている魚屋さん、料理店のかざりだ。値段はまちまち。
    漁法/刺し網
    産地/
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は不明。
    殻は硬く、甲羅下にも脚にも筋肉は少なく、鉗脚(はさみ)にだけ食べられる部分がある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ヤマトカラッパの料理法・調理法・食べ方/汁(みそ汁)、煮る(塩ゆで)

    ヤマトカラッパのみそ汁 原則的に生きている状態で適当に切る。これをアクをきりながら水から煮出してみそをとく。筋肉は鉗脚の部分にまとまってあるだけだが、実にいいだしがでる。カニらしい風味が感じられておいしい。

    ヤマトカラッパの塩ゆで 甲羅下、歩脚などの筋肉はかなり水分が多く、脆弱でぼろぼろする。食べられるのは鉗脚(はさみ)の部分となる。この部分も水分が多いものの、ほんのりと甘味がありカニらしい風味はある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/石田拓治さん(まる井商店 長崎県長崎市)、山浩丸(神奈川県)
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ヤマトカラッパ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ