ミシマオコゼ(Japanese stargazer)

Scientific Name / Uranoscopus japonicus Houttuyn, 1782

ミシマオコゼの形態写真

体長30cmを超える。紡錘形で背に小紋状の模様がある。背鰭は2。擬鎖骨棘が太く長い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ミシマオコゼ科ミシマオコゼ属
    外国名
    Japanese stargazer
    学名
    Uranoscopus japonicus Houttuyn, 1782
    漢字・学名由来
    漢字 三島鰧、三島虎魚、沼島鰧、沼島虎魚
    由来・語源 東京近郊での呼び名。
    ■ 兵庫県淡路島沼島でたくさんとれ、オコゼに似ているので「ヌシマオコゼ」が「ムシマオコゼ」になり、やがて「ミシマオコゼ」に変化した。日本魚名の研究』渋澤敬三 角川書店
    ■ 背中の斑文が陶磁器・三島手の細かく白い文様に似ているため。オコゼはオニオコゼに似ているところから。
    三島女郎(静岡県三島市)は醜いことで有名で、「三島女郎のように醜い魚」であってオコゼに似ている。参考/『新釈魚名考』榮川省造 青銅企画出版
    【オコゼ】
    「おこ」とは顔が笑えるくらいに愚かにして奇怪なこと。醜いこと。「ぜ」は魚名語尾。「鬼のように醜い魚」の意味。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水魚。
    北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、東シナ海の大陸棚域。朝鮮半島南岸、台湾。
    生態
    産卵期は3月〜10月。
    兵庫県明石市の個体は9月の膨らんだ卵巣を抱えていた。
    基本情報
    底引き網などでまとまっってとれることがある。
    鮮度落ちが早い、底引き網の魚であることから人気がなく安いもの。
    水産基本情報
    市場での評価 まとまって入荷することは希。入荷しても安い。
    漁法 底引き網
    産地 秋田県、徳島県、新潟県、神奈川県
    選び方
    模様がはっきりして退色していないもの。触って張りのあるもの。
    味わい
    産卵期が場所によって違うため旬は年間を通して。
    鱗は細かくブラシなどで簡単にとれる。
    頭部など骨が非常に硬い。
    鮮度落ちが早く、消費地で買う野締めは透明感がない。
    原則的に活魚を刺身にするべき。
    活魚は透明感のある白身で、もちっとした食感がいい。
    熱を通すと硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    汁(みそ汁、鍋)、煮つけ(煮つけ、まーす煮)、刺身、唐揚げ、焼く(干もの)
    ミシマオコゼの鍋
    肝や胃袋なども入れた汁は美味。みそ仕立て、鍋にしてもいい。
    硬い頭からいいだしが出る。ただ頭が硬いので無理に割ろうとしないこと。
    ミシマオコゼの煮つけミシマオコゼの煮つけ
    鮮度が落ちやすいが、煮つけにすると白身のよさが如実に出てきてまことに美味しい。肝が美味しいので、必ず一緒に煮て欲しい。また沖縄風に塩味で短時間煮上げても味がいい。これを「まーす煮」という。
    ミシマオコゼの唐揚げミシマオコゼの唐揚げ
    じっくり揚げても骨は柔らかくならない。皮には粘りがある。身はほどよくジューシーで表面が香ばしく美味。
    焼く 幽庵焼き、みそ漬けなどにして焼いても味がいい。
    ミシマオコゼの刺身刺身
    鮮度落ちが早いので、消費地では一般的ではない。活魚など鮮度さえよければフグのような身質でうまい。づけにして茶漬けにしてもうまい。活魚の刺身は「みしまふぐ」の別名もあるごとく、フグに似た食感。
    ミシマオコゼのみそ汁みそ汁 大振りに切り、水から煮出してみそを溶く。昆布だしで煮るとより味わい深い。みそ味で適度にしまったミシマオコゼに甘味があってとてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    産後に食べさせる●乳の出がよくなるように産後に食べさせる。[新潟県上越市]
    加工品・名産品

    がんこのしょうゆ干し 底曳き網で揚がったミシマオコゼを開いてしょうゆ味をつけて干し上げたもの。[新潟漁業協同組合山北支所 新潟県村上市]
    釣り情報
    生き餌を使った船釣りで釣れる。相模湾などではキス釣りの折りにヒラメやマゴチを狙うがしばしば本種やアオミシマが上がる。仕掛けはヒラメ、マゴチの仕掛けと同じでよい。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/明石浦漁業協同組合(兵庫県明石市)、金栄丸(酒屋魔剣和歌山市雑賀崎 金栄丸では魚の販売もやっています)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本魚名の研究』(澁澤敬三 角川書店 1959)
    地方名・市場名 [?]
    オコボ
    場所兵庫県明石市、徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』 
    オトコサカンボ
    備考新潟県ではアオミシマをアマサカンボ、オンナサカンボと言うのに対して。 場所新潟県 
    ガンガリ
    場所兵庫県南あわじ市沼島 
    ガンコ
    場所新潟県村上市勝木 
    キハツク
    場所秋田県金浦〈販売店は由利本荘市〉 
    サガンボ
    場所新潟県上越市かねまん・一印上越魚市場 
    モクギョ
    場所福岡県福岡市中央卸売市場 
    ベコ
    場所青森県鰺ヶ沢町 
    ミシマフグ
    場所神奈川県佐島、三重県尾鷲 
    ムシマ ムシマオコゼ
    場所和歌山県和歌山市雑賀、徳島県阿南市 
    ヤロ
    場所山形県鶴岡市由良漁港 
    ウシ ウシアンコ ウシアンコウ ウシサカンボ ウシンベイ ウシンベエ ウシンボ ウシンボウ
    備考擬鎖骨棘が太く長いのが牛の角を思わせるので、。 場所新潟県など 
    ミシマ ミシマオコゼ ミシマオセン ミシマコジョロ(甲子夜話)ミシマジョロ ミシマジョロシュ ミシマフグ ミシマブク ムシマ ムシマオコゼ ムシマジョロウ ムシマフグ ムシマブク ヌシマジョロウ アマンボ アマンボウ アンコ アンゴ アンコウ アンポンタン エダアンコ オコジ オコゼ オコゼフグ オコゼブク オコボ オセン オトコサカンボ オトメ オババ カカリ カガリ カンコ カンコウ ガンコ ガンコオ ギヌ キハチ キハッソク キハッチョコ ケンアンコ コシャク コジョウ コジヨロ コッテイ コブシャク コンゴオブク サカビシャク サカンボ サンコ サンコオ サンコツペ サンコボ シャカブシャク シャガンボ テコノボウ モクギョ ヨメセセリ ヨメソシリ ヨメソスリ ワラハッソク
    参考文献より。 
  • 主食材として「ミシマオコゼ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ