カスリミシマ

Scientific Name / Selenoscopus turbisquamatus Okamura & Kishimoto, 1993

カスリミシマの形態写真

28cm SL 前後になる。背鰭は2、擬鎖骨は太く長く強い。前鰓蓋骨下縁のとげは4本以上。頭部体幹部背の部分に不明瞭な絣を思わせる斑紋がある。体側には明瞭な列をなさない。
カスリミシマの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
28cm SL 前後になる。背鰭は2、擬鎖骨は太く長く強い。前鰓蓋骨下縁のとげは4本以上。頭部体幹部背の部分に不明瞭な絣を思わせる斑紋がある。体側には明瞭な列をなさない。28cm SL 前後になる。背鰭は2、擬鎖骨は太く長く強い。前鰓蓋骨下縁のとげは4本以上。頭部体幹部背の部分に不明瞭な絣を思わせる斑紋がある。体側には明瞭な列をなさない。28cm SL 前後になる。背鰭は2、擬鎖骨は太く長く強い。前鰓蓋骨下縁のとげは4本以上。頭部体幹部背の部分に不明瞭な絣を思わせる斑紋がある。体側には明瞭な列をなさない。頭部体幹部背の部分に不明瞭な絣を思わせる斑紋がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ワニギス亜目ミシマオコゼ科カスリミシマ属
    外国名
    学名
    Selenoscopus turbisquamatus Okamura & Kishimoto, 1993
    漢字・学名由来
    漢字/絣三島、絣沼島 Kasurimisima
    由来・語源/上部体表の模様が絣柄を思わせて、模様の際がはっきりしない。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深140-170m
    和歌山県白浜・南部、高知県宿毛沖、九州〜パラオ海嶺、タスマン海。
    生態
    基本情報
    生息域すら特定できていない、珍魚中の珍魚。ミシマオコゼ科では比較的水深の深い場所に生息するのかも。まとまってとれないので水産的な価値はない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/伊東迅さん(高知県)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「カスリミシマ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ