マルウズラタマキビ

Scientific Name / Littoraria (Palustorina) articulata (Philippi,1846)

マルウズラタマキビの形態写真

殻高1.5cm前後。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマキビガイ上科タマキビガイ科ウズラタマキビ属
    外国名
    学名
    Littoraria (Palustorina) articulata (Philippi,1846)
    漢字・学名由来
    漢字 丸鶉玉黍
    由来・語源 吉良哲明の命名。タマキビ科で丸みがあり、ウズラのような模様があるため。
    タマキビの由来・語源 「玉黍」とはトウモロコシのこと。トウモロコシの粒ほどの大きさの貝の意味か。『六百介品』より。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    内湾の干潟の上の岩や、マングローブの林。
    四国以南。北オーストラリア。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/黒住耐二さん(千葉県立博物館)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「マルウズラタマキビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ