ボウズコンニャク(Chunky fathead, Shortfin cigarfish)

Scientific Name / Cubiceps squamiceps (Lloyd,1909)

ボウズコンニャクの形態写真

25センチほどになる。楕円形で皮膚が薄く、外部から筋肉が浮き上がって見える。鱗が剥がれやすく、円鱗。目の後ろ肩の部分に黒い斑紋がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目エボシダイ科ボウズコンニャク属

    外国名

    Chunky fathead, Shortfin cigarfish

    学名

    Cubiceps squamiceps (Lloyd,1909)

    漢字・学名由来

    漢字 「坊主蒟蒻」。
    由来 イボダイ亜目のハナビラウオなどを「コンニャクウオ」といいその頭の丸いものとの意味(?)

    地方名・市場名

    ケノズ
    場所鹿児島県 
    チゴメダイ
    備考別名。 

    生息域

    海水魚。水深150メートル以上の底近く。
    北海道太平洋沿岸、千葉県〜九州南岸の太平洋沿岸、新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸。東シナ海大陸棚縁辺、済州島、台湾南部、インド・西太平洋の温帯・熱帯域。

    生態

    基本情報

    まとまってとれることはほとんどなく、希に入荷するもの。
    主に干物などに加工するもので、鮮魚で見かけること自体が少ない。

    水産基本情報

    市場での評価 入荷量は非常に少なく、安い。
    漁法 底曳き網
    産地

    選び方

    目が澄んでいるもの。触って張りのあるもの。

    味わい

    旬は春〜夏
    鮮度のよいものはなかなか手に入らない。
    鱗は取れやすい。
    皮はややしっかりしている。
    身は白濁した白身。
    メダイに似ている。
    卵巣は美味。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    煮つけ、塩焼き、刺身、フライ、唐揚げ
    ボウズコンニャクの煮つけ煮つけ
    しっとりとした身質で、皮は熱を通すと柔らかい。身にはほのかに甘みがあり、臭みなどは皆無で非常に美味。
    ボウズコンニャクの塩焼き塩焼き
    春から夏にかけて脂が乗ったものは、塩焼きにして非常にうまい。脂の甘さだけではなく、独特の旨みを感じる。
    ボウズコンニャクの刺身刺身
    白濁しやすいが、独特の風味のある白身で生で食べても美味。
    フライ 揚げてあまり強く締まらない。まったくクセのないしっとりとした身質なので、上品な味わいになる。
    唐揚げ 小振りのものは、じっくり骨まで食べられるごとく揚げて美味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    干物 開き干しになっている。日本各地。

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ボウズコンニャク」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ