このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ボウズコンニャク/チゴメダイ」はこちら >>
形態◆楕円形で皮膚が薄く、外部から筋肉が浮き上がって見える。鱗が剥がれやすく、円鱗。目の後ろ肩の部分に黒い斑紋がある。
スズキ目(Perciformes) について◆
世界中のあらゆる水域に生息。脊椎動物中最大のグループ。
17亜目148科約1496属約9293種。
イボダイ亜目(Stromateoidei) について◆
世界に6科16属約65種。
■イボダイ科、エボシダイ科、マナガツオ科、ハタ科など。
エボシダイ科(Nomeidae) について◆
熱帯・温帯域に15種。
国内に8種。
■一般に食用とするものはない。
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区
刺鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目
イボダイ科ボウズコンニャク属(Cubiceps)
ボウズコンニャク
Cubiceps squamiceps
イボダイ亜目の他の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていると学者級
食べ方◆干物(塩焼き)/煮物/フライなど
○美味
大きさ◆25センチほどになる。
生息域◆相模湾以南の太平洋、山陰。アラビア海、南アフリカのナタール沖。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆鮮魚としても加工魚として流通することも希。一定の評価はない。
ボウズコンニャクの基本◆
■希に干物原料として利用される。
漁獲方法◆底曳網
漢字◆「坊主蒟蒻」。
由来◆■イボダイ亜目のハナビラウオなどを「コンニャクウオ」といいその頭の丸いものとの意味(?)。
呼び名・方言◆
別名「ウロコイボダイ」、「チゴメダイ」。
釣り◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 刺身には鮮度的にむりなので、塩焼きで身質を見る。白身で皮目に脂がのっている。見た目も悪くないので上々の一品といえそうだ。
「塩焼きでうまいなら干物にすればもっとうまい」という法則どおりに軽く干したのは絶品。
 フライやバター焼きにしてもよい。
●沼津魚市場底曳網
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次