ハナビラウオ(Bluefin driftfish)

Scientific Name / Psenes pellucidus (Lütken,1880)

ハナビラウオの形態写真

SL(体長)50cm前後になる。背鰭は2、幼魚期は側へんして体高がある。頭部付近には鱗がない。
ハナビラウオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL(体長)50cm前後になる。背鰭は2、幼魚期は側へんして体高がある。頭部付近には鱗がない。SL(体長)50cm前後になる。背鰭は2、幼魚期は側へんして体高がある。頭部付近には鱗がない。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目エボシダイ科スジハナビラウオ属
    外国名
    Bluefin driftfish
    学名
    Psenes pellucidus (Lütken,1880)
    漢字・学名由来
    漢字 花弁魚
    由来・語源 稚魚・幼魚時代、鰭が長く左右に薄く花弁(はなびら)のようにひらひらしているため。
    Lütken
    Christian Frederik Lütken(1827-1901 オランダ)。
    地方名・市場名 [?]
    クラゲウオ
    備考別名。 
    生息域
    海水魚。幼魚はクラゲの下、成魚は底生。
    釧路〜土佐湾の太平洋沿岸、新潟県佐渡〜五島列島の日本海沿岸、愛媛県、山口県の瀬戸内海。
    台湾南部、太平洋・インド洋、大西洋の温帯・熱帯域。
    生態
    幼魚はクラゲなどの下につき、成魚は底にいる。
    基本情報
    クセのない白身で万人向きだが、非常に希に定置網などでとれるもので一般的に流通しない。
    水産基本情報
    市場での評価 希に流通。一定の評価がない。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は細かく取りやすい。皮は薄く骨は軟らかい。
    白濁した白身で脂が身に混在している。

    ハナビラウオの身質 手に入れた固体はそれほど鮮度がよくなかった。それを自宅まで送ったもの。三枚に下ろして白濁して柔らかい。この軟らかさは鮮度が悪いためかも知れない。歩留まりは非常にいい。

    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ハナビラウオの料理法・調理法・食べ方/揚げる(フライ)、煮る(煮つけ)

    ハナビラウオのフライ 大型なので三枚に下ろして切り身にして塩コショウ、溶き卵(バッター液)をくぐらせてパン粉をつけて揚げる。表面の香ばしさに、適度に繊維質で層の中にエキスが詰まった身で非常にうまい。フライ材料として非常に優れている。

    ハナビラウオの煮つけ 三枚に下ろして切身にしてしょうゆ味で煮てみた。やや甘辛く、酒・砂糖・しょうゆ味で煮てみたが、メダイに近い味で、だまって出されると見わけがつかないかもしれない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/岩田昭人さん(三重県尾鷲市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
  • 主食材として「ハナビラウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ