ヒメアカイソガニ

Scientific Name / Acmaeopleura parvula Stimpson, 1858

ヒメアカイソガニの形態写真

甲幅10mm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)ホンエビ上目十脚目短尾下目イワガニ上科モクズガニ科Cyclograpsinae亜科ヒメアカイソガニ属

    外国名

    学名

    Acmaeopleura parvula Stimpson, 1858

    漢字・学名由来

    漢字 姫赤磯蟹(himeakaisogani)
    由来・語源 アカイソガニに似て小型という意味合い。模式産地、奄美大島。
    Stimpson
    William Stimpson(ウイリアム・スティンプソン 1832-1872 アメリカ)。動物分類学・海洋生物学。スナガニ、ババガゼ、サルエビなど。「stimpsoni 」は献名されたもの。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。満潮線付近の小石などの下。
    相模湾・福井県以南、奄美大島。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)、駒井智幸(千葉県立博物館)
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ヒメアカイソガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ