ヒゲミル

Scientific Name / Codium barbatum Okamura, 1930

ヒゲミルの形態写真

高さ10cm前後になる。円柱形で二股に枝分かれする。体から細い毛を出す。
ヒゲミルの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
高さ10cm前後になる。円柱形で二股に枝分かれする。体から細い毛を出す。高さ10cm前後になる。円柱形で二股に枝分かれする。体から細い毛を出す。
  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    食べられなくはない
    分類
    植物界緑藻植物門緑藻綱ハネモ目ミル科ミル属
    外国名
    学名
    Codium barbatum Okamura, 1930
    漢字・学名由来
    漢字/髭海松
    由来・語源/ミルの中まで体から細い毛(ひげ)を出すため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。
    伊豆諸島、八丈島、本州太平洋岸南部、四国、九州、本州日本海南部、琉球列島。
    朝鮮半島。
    生態
    基本情報
    ミルは平安時代から江戸時代までは明らかに食用海藻であった。それがいつの間にか食用ではなくなっている。この経緯が不明であるが、ミル科の何種類かを食べてみたが、味がなく木綿の紐を噛むような食感である。
    ところが本種は、過去のミル科よりも食べやすくはある。ただし本種をわざわざ探してまで食べる人はいないと思う。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    触るとゴム状でちぎろうとすると伸びはするが、切れる。
    ゆでてもあまり色が変わらず、食感はあるものの、海藻自体に味はない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ヒゲミルの料理法・調理法・食べ方/汁(吸もの)、煮る(ゆでる)

    ヒゲミルの吸もの 砂やサンゴのカケラなどをよく洗い流す。これをじっくりと真水でゆでる。15分間くらいゆでてみたが、柔らかくはならなかった。藻体にうま味はないので、カツオ節だし・酒・塩で吸ものにしてみた。食感だけは面白いとは思うが、うま味はない。


    ゆでヒゲミル サンゴのカケラやマクリ、砂などが付いているのでていねいに流水で洗う。これを真水でじっくりとゆでる。20分くらいゆでると少しだけ柔らかくなるがおいしくはない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(石垣島)、菊地則雄さん(千葉県立博物館海の博物館)
  • 主食材として「ヒゲミル」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ