ナガミル

Scientific Name / Codium cylindricum Holmes

ナガミルの形態写真

非常に太さは1cm以上、長く伸び1m以上になる。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    植物界緑藻植物門緑藻綱ミル目ミル科ミル属
    外国名
    学名
    Codium cylindricum Holmes
    漢字・学名由来
    漢字/長海松
    由来・語源/「みる」の音の意味は不明。「海松」は姿が松の紋に似ているから。ミルの中まで全体に長いため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。低潮線付近から漸深帯にかけての岩上や砂の上。
    太平洋沿岸中部から南部、小笠原、瀬戸内海、九州、西南諸島。
    朝鮮半島南部。
    生態
    基本情報
    ミル科自体が謎が多い。平安期など食用とされていたはずだし、延喜式などにも載っているものの、利用法がわからない。今現在、国内でミルを食べている地域は三重県の一部にあるとはいうものの、ほぼなきに等しい。
    本藻体も韓国東岸で売られていたものだが、食べ方がまったくわからない。韓国ではミル科を乾物、生で普通に売られている。
    水産基本情報
    国内では利用されてもいないし、流通もしていない。
    選び方
    不明。
    味わい
    旬は不明。
    スポンジ状で非常に丈夫。熱を通して咀嚼するのは難しい。
    基本的にゆでて、できるだけ柔らかくして食べたのではないか。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ナガミルの料理法・調理法・食べ方/煮る(ゆでる)

    ミルの酢の物 韓国で買い求めてきた藻体をとにもかくにもゆでてみた。かなり長時間ゆでても変化しない。10分ほどゆでてなんとか噛んで崩すことが出来たが、まだなんとなく砕き切れていない感じがする。海藻らしい香りはするがうま味がない。
    好んで食べる地域・名物料理

    韓国、ナガミル韓国 韓国、朝鮮半島東岸でも西岸の市場でもミルは普通に見られた。海産物を売る店舗や人ではなく、農産物のひとつとして売られていた。乾物でミル、生でナガミルを買って来た。ハングル名を聞きそびれたのが最大の失敗。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/岩尾豊紀(鳥羽市役所水産研究所)
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)
  • 主食材として「ナガミル」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ