ハワイチビキ(Golden kali kali)

Scientific Name / Erythrocles scintillans   (Jordan & Thompson, 1912)

ハワイチビキの形態写真

体長30cm前後になる。ハチビキ科ではいちばん体高がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハチビキ科ハチビキ属

    外国名

    Golden kali kali

    学名

    Erythrocles scintillans   (Jordan & Thompson, 1912)

    漢字・学名由来

    漢字 布哇血引
    由来・語源 ハワイ海域に多いハチビキ科の意味だと思う。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深250-300m。
    小笠原諸島、沖縄島。三重県尾鷲。
    台湾南部、ハワイ諸島、ポリネシアソシエテ諸島。

    生態

    基本情報

    国内では沖縄だけで食用となる程度にとれる。
    味のいい魚ではあるが、沖縄でも本種だけの方言はないと思う。

    水産基本情報

    市場での評価 主に沖縄、鹿児島で流通するが少ないと思われる。安い。
    漁法 釣り
    産地 沖縄県

    選び方

    味わい

    旬は春から夏ではないかと思われるが、まだはっきりわからない。
    鱗はやや硬いが散りやすい。皮は厚みがあり強い。
    透明感のある白身で少し赤みがかっている。血合いはあまり強くはない。
    熱を通してもあまり硬く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 生食(刺身)、煮つけ、汁(潮汁、みそ汁)、バター焼き、揚げる(フライ)、塩焼き
    生食◆単に刺身にして、味があり、時間がたったものでも適度な食感が楽しめる。カルパッチョやセビチェも美味しい。
    煮つけ◆煮ても硬く締まらず、身離れがいい。調味料とよく馴染み、調味料の味に身自体の美味しさが感じられていい味である。
    汁◆いちばんうまいのは塩と日本酒で味つけをしての潮汁かも知れない。沖縄風に魚汁(みそ汁)にしてもうまい。
    バター焼き◆皮に厚みがあり、じっくりソテーすると香ばしく焼き上がる。身はしっとりとして柔らかい。
    揚げる◆フライや唐揚げなどにしてもうまい。
    塩焼き◆焼くと皮目の風味が生き、身がしっとりとして美味しい。
    ハワイチビキの刺身刺身にすると血合いが弱く、ほんのり赤みがかっている。味はかなりよい。
    ハワイチビキの煮つけ煮つけ。煮ても硬く締まらず、身離れがいい。調味料とよく馴染み、調味料の味に身自体の美味しさが感じられていい味である。
    ハワイチビキの潮汁潮汁。いちばんうまいのは塩と日本酒で味つけをしての潮汁だろう。薬味は粗挽きコショウがいい。
    ハワイチビキのバター焼きバター焼き。皮に厚みがあり、じっくりソテーすると香ばしく焼き上がる。身はしっとりとして柔らかい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ハワイチビキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ