ハマガニ

Scientific Name / Chasmagnathus convexus De Haan, 1833

ハマガニの形態写真

甲長38mm、甲幅43mm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)ホンエビ上目十脚目短尾下目モクズガニ科ハマガニ属

    外国名

    学名

    Chasmagnathus convexus De Haan, 1833

    漢字・学名由来

    漢字/浜蟹
    由来・語源/浜辺でよく見かけるカニという意味だと思う。
    De Haan
    Wilhem de Haan (ウィレム・デ・ハーン 1801-1855 オランダ)。ライデン王立自然史博物館。シーボルトが日本から持ち帰った標本、特に甲殻類を研究。『日本動物誌』(Fauna Japonica)をテミンク、シュレーゲルとともに編む。日本に生息する甲殻類の多くを記載している。

    地方名・市場名

    ドテクズシ[土手くずし]
    備考水田の用水路の土手に穴を掘り、しばしば水漏れを起こすため。 

    生息域

    汽水域。河川の汽水域上限地帯に多く淡水域の水田にこぶし大、深さ40〜50cmの穴を掘り住み家とする。
    相模湾の河川の河口域。

    生態

    基本情報

    まるで西洋のヨロイをつけたような外観の中形のカニである。このイワガニ科でもベンケイガニ亜科にくくられるアカテガニ、クロベンケイガニ、アシハラガニなどは川の河口域周辺に暮らし。それぞれ水との関わりが違っている、ほとんど水に入らないアカテガニ、本種。意外に、それも塩分濃度の低い水が好きなクロバンケイガニ、海辺とでも言えそうな場所にいるアシハラガニと住みわける。本種は河口付近のアシ原や土手に穴を掘り暮らす。

    水産基本情報

    本種を食用、また何らかの形で利用するという資料がない。これを御存知の方はメールでお知らせ願えるとありがたい。

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    Wilhem de Haan 本種を記載したウィレム・ド・ハーンはオランダ ライデン王立自然史博物館でシーボルトが日本で集めた動物、甲殻類を整理した。ハマガニは「ファウナ・ヤポニカ(日本動物誌)」にて発表された動物のひとつ。

    参考文献・協力

    協力/永野廣さん・昌枝さん
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ハマガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ