ハボウキガイ(Fan mussel)

Scientific Name / Pinna bicolor Gmelin,1791

ハボウキガイの形態写真

全体の長さが35センチ前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    二枚貝綱翼形亜綱ウグイスガイ目ハボウキガイ超科ハボウキガイ科ハボウキガイ属

    外国名

    Fan mussel

    学名

    Pinna bicolor Gmelin,1791

    漢字・学名由来

    漢字 羽箒貝
    由来・語源 『六百介品』より。羽箒に形が似ているから。

    地方名・市場名

    タチガイ
    場所広島県江田島市大柿町 参考『大柿町の海辺の生き物 町制45周年記念誌』(監修/久家光雄 編集/大柿町海辺の生き物調査団) 
    カラスガイ タテガイ タテボラ
    参考文献より。 

    生息域

    海水生。房総半島、能登半島以南。熱帯インド・西太平洋。
    水深50メートルまでの砂泥地。

    生態

    基本情報

    浅場にもいるので手にれることは比較的たやすい。
    ただし貝柱が小さいために食用としての価値は低い。

    水産基本情報

    市場での評価 関東ではまだ見ていない。
    漁法 採取
    産地

    選び方

    貝殻がしっかり閉じているもので、貝柱が大きいもの。

    味わい

    旬は春から初夏。
    貝殻は厚く、割れやすい。
    軟体、貝柱が小さく、貝柱はやや硬い。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 刺身、バター焼き
    刺身◆ホタテガイ、タイラギなどと比べると貝柱が硬く、繊維が大きい。うま味や貝らしい風味はタイラギに劣るがやや美味。
    バター焼き◆強火でさっとバターでソテーして美味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/為田美奈さん、平本勝美さん(広島県倉橋島)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ハボウキガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ