ナンヨウサヨリ(Lutke's halfbeak)

Scientific Name / Hemiramphus lutkei Valenciennes, 1847

ナンヨウサヨリの形態写真

30cm SL 前後になる。体側に目立った斑紋がない。吻背部(上顎背面)に鱗がない。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スメグマモルフォ系ボラ亜系ダツ目トビウオ亜目サヨリ科ホシザヨリ属

    外国名

    Lutke's halfbeak

    学名

    Hemiramphus lutkei Valenciennes, 1847

    漢字・学名由来

    漢字 南洋針魚、南洋細魚、南洋鱵
    由来・語源 田中茂穂の命名。一般的なサヨリ(標準和名の)よりも南洋にいるため。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。沿岸表層性。
    相模湾〜九州南岸の大平洋沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。
    希/兵庫県浜坂、山口県日本海沿岸、岩手県。
    インド-西太平洋の熱帯〜温帯域。

    生態

    基本情報

    主に熱帯域に多い。本州太平洋岸では少なくまとまってとれないので商品価値はほぼない。

    水産基本情報

    市場での評価 流通上見ていない。
    漁法 定置網
    産地

    選び方

    触って張りのあるもの。目が澄んで銀色の体色がキラキラして美しいもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗は薄く取りやすい。皮は薄いがしっかりしている。骨は硬くない。
    透明感のある白身で血合いが大きい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    ナンヨウサヨリの料理法・調理法・食べ方/焼く(塩焼き)、生食(刺身)

    ナンヨウサヨリの塩焼き 基本的にはサヨリも味だ。白身ではあるが血合いが多く、青魚のおいしさがある。水洗いして振り塩をする。1時間くらいおき、じっくり焼き上げる。小骨もなく焼いても硬く締まらす味わい深い。


    ナンヨウサヨリの刺身 水洗いして三枚に下ろし、腹骨、血合い骨を取る。皮を剥き食べやすい大きさに切ったもの。銀皮の美しい、血合いの多い白身。見た目にもきれいでうま味豊かだ。やはりサヨリの味に似ている。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市) 岩田昭人さん(三重県尾鷲市)、刺身居酒屋 魚男 秋山純さん(神奈川県大船)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ナンヨウサヨリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ