ナキエンコウガニ

Scientific Name / Psopheticus stridulans Wood-Mason,1892

ナキエンコウガニの形態写真

甲長26ミリ、甲幅35ミリ前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目オウギガニ上科エンコウガニ科ナキエンコウガニ属

    外国名

    学名

    Psopheticus stridulans Wood-Mason,1892

    漢字・学名由来

    漢字 鳴猿猴蟹
    由来・語源 鉗脚長節の内縁末端に発音する特殊構造があり、これが「鳴き」の由来。「猿猴」、すなわち猿の顔の形の甲で赤いため。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。駿河湾、三河湾、熊野灘、土佐湾。アンダマン海、バリ海域。
    水深75〜150メートルの泥地、砂泥地。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/都築章二さん 千葉市
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ナキエンコウガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ