トゲシャコ(Mantid shrimp)

Scientific Name / Harpiosquilla harpax (De Haan,1844)

トゲシャコの形態写真

体長24cmを超える大型のシャコ。最後尾の節に青い帯が縦に走り褐色の丸い斑紋がある。
トゲシャコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長24cmを超える大型のシャコ。最後尾の節に青い帯が縦に走り褐色の丸い斑紋がある。捕脚の棘は長くて硬い。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)トゲエビ亜綱口脚目(シャコ目)シャコ上科シャコ科トゲシャコ属
    外国名
    Mantid shrimp
    学名
    Harpiosquilla harpax (De Haan,1844)
    漢字・学名由来
    漢字 刺蝦蛄。
    由来・語源 捕脚(鎌のように見える)に長くて鋭い棘があるためだと思う。
    地方名・市場名 [?]
    オンシャコ バカシャコ ミズシャコ[水しゃこ]
    場所徳島県徳島市 
    カマキリ
    場所和歌山県和歌山市雑賀崎 
    シャコエビ
    場所徳島県阿南市 
    生息域
    海水生。水深60-70m。
    相模湾以南、南紀、大阪湾口、土佐湾、長崎。
    生態
    基本情報
    浅場の底曳き網などにかかるもので、利用しない地域も多い。大型で見た目の割りに水分が多く、煮ると身が痩せる。シャコと比べると味は数段落ちる。近年、日本海側でも見られるようになってきている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東ではほとんど見られない。高価。
    漁法 底曳き網
    産地 和歌山県
    選び方
    原則的に生きているもの。持って重いもの。
    味わい
    旬は春から夏
    殻はやや硬い。
    身に水分が多いのかゆでると痩せる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    汁(みそ汁)、煮る(ゆでる、煮つけ)、揚げる(素揚げ)
    トゲシャコのみそ汁
    みそ汁 食べる部分は少ないが、いいだしがでて汁がうまい。茹でトゲシャコ
    ゆでる ゆでると痩せて、ぼろぼろするが味はいい。トゲシャコの唐揚げ揚げる 小型のもの、脱皮から間もないものは唐揚げなどにして美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/和歌山県雑賀崎金栄丸、寺井政見さん
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「トゲシャコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ