テナガオオホモラ

Scientific Name / Paromola macrochira (Sakai,1961)

テナガオオホモラの形態写真

甲長180ミリ、甲幅150ミリ前後になる。甲羅は楕円形で手足が極端に細く、長い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目ホモラ上科ホモラ科オオホモラ属
    外国名
    学名
    Paromola macrochira (Sakai,1961)
    漢字・学名由来
    漢字 なり
    由来・語源 ホモラ科ホモラ属の「Homola」をそのままつけたもの。なかでも手が長いという意味。
    地方名・市場名 [?]
    ショイガニ[背負い蟹]
    場所沼津市 
    生息域
    海水生。東京湾から土佐湾。
    水深250〜380メートルの砂泥地、泥地。
    生態
    基本情報
    非常に珍しいカニ。
    流通しない。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 底引き網
    産地 静岡県
    選び方
    原則的に生きているもの。液体などがこぼれていないもの。
    味わい
    旬は不明
    手足が細く甲下の身は少ない。
    熱を通すと痩せる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる・蒸す、みそ汁
    茹でテナガオオホモラ
    ゆでる(蒸す) ゆでるとかなり痩せるが、ほどよい甘みがあってなかなか捨てがたい味。みそも捨てがたい味。テナガオオホモラのみそ汁
    みそ汁 適宜に切り、水から煮出してみそをとき入れると、うまいみそ汁になる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/菊池利夫さん(沼津市)、田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『相模湾産深海性蟹類』(葉山しおさい博物館)
  • 主食材として「テナガオオホモラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ