スソウミヘビ(Manetail snake eel)

Scientific Name / Ophichthus urolophus (Temminck and Schlegel,1847)

スソウミヘビの形態写真

体側に斑紋がなく一様。目は口裂の中央付近にあり、吻長より眼径が小さい。胸鰭があり、尾鰭はない。歯は細かく鋭く歯帯を作らない。
スソウミヘビの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体側に斑紋がなく一様。目は口裂の中央付近にあり、吻長より眼径が小さい。胸鰭があり、尾鰭はない。歯は細かく鋭く歯帯を作らない。目は口裂の中央付近にあり、吻長より眼径が小さい。尾鰭はない。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区カライワシ下区ウナギ目ウツボ亜目ウミヘビ科ウミヘビ属
    外国名
    Manetail snake eel
    学名
    Ophichthus urolophus (Temminck and Schlegel,1847)
    漢字・学名由来
    漢字 裾海蛇
    由来・語源 田中茂穂の命名。不明。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    ホソメ
    場所京都府宮津市日置 
    生息域
    海水魚。水深420メートルより浅場。
    東北太平洋沿岸、茨城県〜鹿児島県の太平洋岸、新潟県〜長崎県の日本海、東シナ海。東シナ海大陸棚〜縁辺域、朝鮮半島南岸、台湾南部、福建省、インドネシア、オーストラリア南東岸・北西岸。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「スソウミヘビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ