カワビシャ(Boarfish)

Scientific Name / Histiopterus typus Temminck and Schlegel,1844

カワビシャの形態写真

SL 40cm前後になる。横から見ると正三角形に近く、吻(口と顎)が突出している。背鰭第3、第4棘は太く長い。若い個体は体側に黒と褐色の横縞がはっきりしている。
カワビシャの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 40cm前後になる。横から見ると正三角形に近く、吻(口と顎)が突出している。背鰭第3、第4棘は太く長い。若い個体は体側に黒と褐色の横縞がはっきりしている。SL 40cm前後になる。横から見ると正三角形に近く、吻(口と顎)が突出している。背鰭第3、第4棘は太く長い。若い個体は体側に黒と褐色の横縞がはっきりしている。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目カワビシャ科カワビシャ属
    外国名
    Boarfish
    学名
    Histiopterus typus Temminck and Schlegel,1844
    漢字・学名由来
    漢字 川飛車『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)、皮比車、皮拉
    由来・語源 「皮の堅い扁平な魚」すなわち「カワ」は「皮」「ビシャ」は菱形、扁平なという意味合いだと思う。この「皮」は「側」であるかもしれず、また「ビシャ」は「ひしゃげる(拉げる)」の意味あいがあるとも思える。このカワビシャの呼び名も集めている。情報を求む。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    インヒシャ テングダイ トモモリ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。水深40-400m(主に10-200m)、沖合の粗い砂地、岩礁域。
    青森県陸奥湾、千葉県銚子市〜九州南岸の大平洋沿岸、新潟県能生町沖〜九州北西岸の日本海沿岸、五島西方沖以南の東シナ海大陸棚縁辺域。
    朝鮮半島西岸・南岸、済州島、台湾、浙江省・広東省、海南島、フィリピン諸島、大スンダ列島南岸、オーストラリア北岸、アラビア半島南岸、紅海、南アフリカ南岸・南東岸。
    生態
    基本情報
    底曳き網でも定置網でもなぜか1匹だけとか、多くても2匹くらいしか水揚げされない。やや珍しい魚でもある。見た目の厳つさと、まとまらないために値段は安い。
    カワビシャ科に共通することだか、とてもおいしい魚であるので、見かけたらぜひともお買い求め願いたい。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は非常に希。あまり高くない。
    漁法 底曳き網、定置網
    産地 目立った産地はない
    選び方
    体色の濃いもの。古いのは色あせて白っぽくなる。鮮度は長持ちする。
    味わい
    旬は秋から春だと思う。
    鱗は硬く細かい。皮は厚みがあってしっかりしている。
    透明感のある白身で、鮮度の保ちがいい。背鰭下に鰭を動かすための大きな筋肉がある。
    骨などからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    カワビシャの料理方/生食(刺身)、焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)、揚げる(フライ、唐揚げ)、ソテー(バター焼き)、汁(潮汁、みそ汁)

    カワビシャの刺身 血合いの弱い、透明感のある白身で脂がのると白濁し、ときに皮下に層をつくる。この脂に甘味があり、食感が心地よい。またこの食感は比較的長く保たれる。鰭筋も味わい深く、刺身用の魚として上々の部類だ。
    カワビシャの塩焼き(煮つけ) 腹身の部分を塩焼きにしてみた。小振りのものは丸のまま焼き上げるといい。皮はしっかりとして厚みがあり、香りがとてもいい。焼いてもあまり硬く締まらないのも魅力的だ。
    カワビシャのあら煮(煮つけ) 小振りのものは丸のままで、大型魚は頭部などあらを使うといい。本種は刺身に出来る部分が少なく、頭部や腹骨などを集めて煮つけるのが歩合理的だ。煮ても身は硬く締まらず適度に繊維質で身離れがいい。甘味があるのもいい。
    カワビシャのフライ 三枚に下ろして皮を引き、フライにしてみた。適度に繊維質で揚げると甘味が増し、適度に繊維質で口のなかでほぐれる感じがとてもいい。パン粉の香ばしさと相まってマアジのフライに匹敵するうまさだ。
    カワビシャの唐揚げ 腹身やかまの部分、尾に近い部分などを集めて水分をよくきっておく。これに片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げにした。身は鶏肉のように締まり、繊維を感じさせてほぐれて甘い。皮目の香ばしさもあって絶品。
    カワビシャのバター焼き 皮は厚みがあって強いので、ポワレ、バター焼きに向いている。切り身にして塩コショウしてやや多めの油で皮目がかりっとするくらいソテーする。火が通ったらバター(マーガリン)を加えて風味づけする。しょうゆをたらすととてもご飯に合う。
    カワビシャの潮汁 中骨だけを使って作ってみたが、小型はぶつ切りに、頭部などを使ってもいい。あらは一度湯通しする。水に落として鰭際などに残った鱗、ヌメリを取る。これを昆布だし(水でも十分にうまい)で煮だして酒と塩で味つけする。実に深みのある味わいでおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(栄川省造 青銅企画出版)
  • 主食材として「カワビシャ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ